-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-17 

ゲーム機の消費電力とランニングコスト 

自慢じゃないが私は昔から貧乏なうえに最近はとくに貧乏なので、電気料金がいかに生活を圧迫するかということを身に染みて知っている。また私でなくても、複数のデスクトップPCが稼働しているような家庭は、年というスパンで見るとかなりの電気料金を支払っていると思われる。

そこでふと気になったのがコンシューマ機の消費電力。玩具にしてはそろそろ笑えないレベルになってるんじゃないかと想像しつつ、現世代機それぞれの消費電力を調べてみた。

PS3 Xbox360 Wii

<各ハードの消費電力>
PS3 約380W(60GB/20GB最大時)
360 約164W(リッジレーサー6リプレイ時)
Wii 約50W(24時間駆動モード「Wii Connect 24」では5W程度)

【参考】
■PlayStation.com サポートページ
http://www.jp.playstation.com/support/qa-591.html
■「Xbox 360の消費電力と騒音を調べる」(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1216/ubiq137.htm
■WiiまとめWiki
http://www7.atwiki.jp/nintendo-rev/pages/10.html

※どのハードも公式サイトのスペック欄に公称消費電力を記載していない、もしくは分かりにくい場所に記載しているのはなぜ?

最大値だけで見ると、予想通り、PS3>Xbox360>Wiiという結果。んじゃあせっかくなので東京電力の計算式(割と一般的だと思われる「従量電灯B」プラン/15A)を使って電気料金を計算してみる。厳密に電気料金を調べるわけじゃなくてあくまでも目安とするだけなので、1日24時間ゲームしっぱなし、つまり常に最大消費電力でブン回しているという極端な場合のみを想定する。

<各ハードの稼働に必要な電気料金(月・年)>
PS3 380W×24h×30d×単価=5639円/月×12m=67668円/年
360 164W×24h×30d×単価=2310円/月×12m=27720円/年
Wii 50W×24h×30d×単価=952円/月×12m=11424円/年
※逆算すると、単価=20円/kWhぐらいかな。

【参考】
■TEPCO:電気料金シミュレーション
http://www.tepco.co.jp/life/custom/ratesimu/jyu_b/jb00-j.html

ぬう、PS3の活躍ぶりに胸が痛む。小・中・高校生および実家で暮らすゲーマーは、絶対に両親に明かしてはならない数字である(あくまでも極端なシチュエーションだけど)。

もちろんゲームで遊ぶとなると、ここにテレビやプラズマ/液晶ディスプレイ、さらに言えば冷暖房や蛍光灯、攻略情報とニュー速を見るために立ち上げているPCといった各種電化製品の消費電力量が上乗せされる。もっとさらに言えば、ポテトチップス、コーラ、ティッシュ、病院の診察料や治療費なども自動的に必要になってくるのである。トータルで考えると、本当の意味でのゲームのランニングコストはなかなかバカにできないと分かる。

そう考えると、圧倒的に消費電力の低いWiiなんかはもっとその点をアピールして、財布の紐を握っている人間を露骨に懐柔しても良かったのではと思う(やってたっけ?)。

また消費電力の大きなデスクトップPCをゲーム機にするっつーのは、貧乏独身サラリーマンやその他貧乏な人にとってはなかなか負担の大きなことで、非常に些細なことではあるけれどもゲームプラットフォームとしてPCが不完全な理由の一つかもしれないねぇゲホゲホと思った次第であるんであります。

ま、いずれにせよ貧乏臭い話ですな。寝よ。

コメント

おれがソニーだったら今頃あんた訴えてる

練炭買ってきた

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/79-46f81bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。