-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-01 

飛び込む犬 

見覚えはないが、私の飼い犬らしき犬が海で溺れている。どうやらその犬は泳ぎが苦手らしく、悲しそうな眼で私を見つめながら、ゆっくりと沈んでいく。

私は服を脱ぎ、海に飛び込んで犬を助ける。

しかし犬は海に飛び込むクセがあるようで、何度も飛び込んでは悲しそうな眼で私を見つめながら沈んでいく。

何度も飛び込んで犬を助ける私。

そんなことを繰り返すうちに、私は「いや、海に飛び込むのがこの犬のクセなら、私のいないところでも飛び込んでいるに違いない。実は普通に泳げるんじゃないか?」と思い、助けるのをやめる。

すると犬は案の定、飛び込んでしばらく沈むと苦しそうな顔になり、岸に向かって懸命に泳ぎ出す。

私はほっとすると、手を広げておいでおいでと犬を迎える。それを見てタタッと嬉しそうに駆け寄り、私の組んだ腕にサッと飛び乗る犬。ぷるぷると震える細い足で器用に私の腕に立ち、体を傾けて少しだけ体重を預けてくる犬がとてもいとおしい。

私はそこで、ハッとダンスの練習の最中だったことを思い出す。

急いで練習場に戻り、コーチである松本人志に犬を渡す。

ダンスの練習はというと、こちらも問題が発生していた。犬と戯れている間に、どうやらダンスの振り付けが極端に変わってしまったらしい。

焦る私。

仲間のチアリーダーは、一人残らず新しい振り付けをマスターしている。

なんとか遅れを取り戻そうと、必死に練習を始める私。

そしてコーチには「いや、踊れますよマジで」という素振りでやりすごす。

気まずい。

ほんと気まずいなぁ。

と思っていたら、目が覚めた。

厳密にはそうじゃないんだろうけど、初夢に認定する。

こんな日記を見ているギャラクシー級のヒマ人のみなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/6-4db4019f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。