-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-24 

鼻くそをほじってプラグマ 

体調不良のため休みがちな会社へ主に鼻くそをほじるために出社。そして予定通り鼻くそをほじってほじって粘膜がすべてはがれ落ちるくらいほじってこぶし大にねり込んだうえ助走をつけて勢いよく上司に投げつけながら「つまり第一センテンスの役割は――」などと講釈をぶっタレて帰ってきた。

職場で隣に座っているかろうじて二足歩行の有機体が「夏って後半戦のほうが暑いね~」とか言っている。「毎年だろ」と思う。「おまえはバカでちんちんが小さい」と言われるよりもこんな言葉にイライラする。我ながらしんどい性格である。

さてそんなわけで現在の通勤本は(!)、以前ちらっと書いた本の続編「巨人たちの星」(ジェイムズ・P・ホーガン)だ。電車のなかでは「カルネージハート ポータブル」をやるという選択肢もあるが、電車でゲームをすることに特別な抵抗はない割にはやらない。プラグマティックに考えると、やはり自分の中の優先順位が「本>ゲーム」だからだろうか。単純に持ち運ぶのが重いとかキズがつくとか座れる時しかできないとかだからイヤなのか。

上記のように最近というか昨年ぐらいから物事を考えるときに「プラグマ」という考え方を利用することが多い。ただ自分の行動を顧みて観念を明晰にするというこの手法は、自分や他人の考えが露骨に浮き彫りになるので多用するのは精神衛生上あまりよろしくないように思える。というか、自分は使うけど他人には使ってほしくないと思う。基本的には自分でもびっくりするほど言行不一致だから私は。

そいで帰宅途中、金もないのに「砂漠で溺れるわけにはいかない」(ドン・ウィンズロウ)と「ほとんど無害」(ダグラス・アダムス)を買う。どちらも好きな作家である。好きな作家が多ければ多いほど増えれば増えるほど、新たな本(まぁ新しいとも限らないけど)がリリースされて喜ぶ回数が増える。こうやってどんどん好きな物を増やしていけば「毎日一つはなにかしら楽しみにしていることがある」という状態を作れるのだろうか。

では今の自分にとって毎日必ず存在する楽しみってなんだろう。考えれば考えるほど、卑近過ぎてとても書けねーです。

コメント

プラグマ、いいかも!!
さっそく今日から取り入れるわ。

取り入れちゃダメ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/51-9030611e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。