-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-31 

「AISASモデルよちょっと待て」にトラックバックテスト 

なんか久しぶりに書いてるブタがいたのでひやかしに、そしてトラックバックのテストとしてメモ。恥ずかしながら初トラックバックだったりする。

「Webゲームメディア考:ユーザーは「期待」もShareしたがる。AISASモデルよちょっと待て。」(Gamer's Report)
つまりは,みんなが利用できる,ある種の「共通ライブラリ」的な立ち位置が,次に求められるなんじゃないかなって気がするのよね。それは単純なコミュニティサイトってものではなくて,一次情報を扱うメディア機能と「それを最大限面白くする/Shareする」ための仕組みといいますか。
ただそういう反面,DSの広がり方などに関しては,ゲームメディアなんてものは半ば蚊帳の外なワケで,その辺が「ゲームのメディア」の限界なのだなとも思う。要するに「専門誌」であるが故の限界って奴ですね。これは仕方がない。
でもWebの場合は,先に書いたような方向性を目指すことによって,

ゲームメディア  >  読者(ゲーマー) > より外側の人(ゲームしない)
       記事を発信     記事についてBlogを書く

という広がり方があるぶん,紙メディアよりはずいぶんとアプローチしやすい気はしますけれどね。

上記をシステム面から見ると、ゲームメディアの主な機能としては、プロモーション(記事発信機能:ネタ投下)、ライブラリ化(データベース機能:ソース出せ)、そして○○(Shareの機能:神!/クソ)が必要になると。

ただShareの機能に関してゲーマーはすでに個々のスキルや好みに合わせて使えるBlogや掲示板を使っている。なので必ずしもメディア自体がShare機能を実装する必要はなくて、できるだけそれらゲーマーがすでに利用しているShare機能と親和性の高いデータベースへのインタフェースを用意してやればよいと。最も低レベルなI/FがURLのリンクであり、昨今ではRSSであり、例えばAmazonのアフィリエイト(これはまぁよりメディア-メーカー側の機能ともいえるけども、まぁ一応)などがありますよ、と。

で、上記に挙げた機能の商品発売前/発売後のフローを明確にしてやれば、今の時代に合ったプロモーションやマーケティング(≒マーケティングデータの活用方法)がある程度見えてきますよ、と。

っていう話の続きをきっとしてくれるんだろうからぼくは寝ようと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/50-92963872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。