-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-20 

東京ゲームショウ2011をざっと眺めてなんとなく買っちゃいそうなモノ 

お金があればの話だけど。

とりあえず、サンドボックス系のゲームはびっくりするほど見かけなかったねえ……。でも私は負けない! では。

■バトルフィールド 3
TGS出展がなかったとしてもたぶん買うけど。このご時世にリリースされるFPSだからアクションフェーズが面白いのはまず間違いないとして、マルチのモチベーションを維持してくれるシステムがどう実装されているのかが気になるところ。……などといいつつ、やはり銃を撃った感触とか戦場のドキドキ感が向上しているかどうかがやはりキモですよなあ。いわゆるAAAタイトルなので、ハイコンテクストな高望みはしない方向で。

バトルフィールド 3(初回特典プレミアムマップ「Back to Karkand」DLコード&Amazon.co.jp限定「Physical Warfare Pack」DLコード 付き)
バトルフィールド 3(初回特典プレミアムマップ「Back to Karkand」DLコード&Amazon.co.jp限定「Physical Warfare Pack」DLコード 付き)

■GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
浮遊感を味わえるタイトル、平たくいうと「キャラクターでびゅんびゅん飛び回れるタイトル」は、実は少ない(不思議なことに)。ただ飛び回りたいがために、アンチPTA作品「PROTOTYPE」を買った一人としては大きく期待。そういやPROTOTYPE2はどうなった?
→GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(Amazon.co.jp)

■PlayStation Vita
なんというか、新たなインタフェースや機構を使ったどんなゲームが出てくるのかというのはもちろん、既存のゲームが新インタフェースでどう変わるのかといったあたりに興味が。サンドボックス系のゲームなんかは、正直いって入力操作そのものがプレイ速度のボトルネックだったりするので、「●タイトル名●のインタフェース改良版」みたいなものが出てくると嬉しいな。出ないだろうけど。
→PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi‐Fiモデル(仮称)(Amazon.co.jp)

■お姉チャンバラZ~カグラ~
キャラクターデザインがちょっと気に入ってしまった。個人的にバッサリ感を楽しむタイプのゲームはほとんどしないんだけど、姉チャンてなぜかものすごく魅力的なIPなのよね。S級のB級を目指して邁進してほしい感じ。

お姉チャンバラZ ~カグラ~ (今冬発売予定) 【CEROレーティング「Z」】
お姉チャンバラZ ~カグラ~ (今冬発売予定) 【CEROレーティング「Z」】

■真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)
かまいたちだから。もちろんPS Vita版な。
→真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)(Amazon.co.jp)

■ファンタシースターオンライン2
キャラデザが好きなので。

■Razerが開発中のアーケードスティック
かっこいいからなあ……(こんなんばっかり)。しかも天板がワンタッチで開閉できるから、ボディ内に耳かきとか緊急用のおやつとか入れられるよねこれ。入れるかどうかはさておき、入れられるよねこれ。

■バイナリー ドメイン
背景設定が割と好み(また)。

BINARY DOMAIN(バイナリー ドメイン) 特典 オリジナルヘッドセット付き
BINARY DOMAIN(バイナリー ドメイン) 特典 オリジナルヘッドセット付き

■F1 2011
これもTGSとは関係なく買う予定だったもの。最近ドライブゲームを遊んでないから、清水の舞台で絶叫しながらしこるぐらいの気持ちで買ったG27もぜんぜん稼働してないし。買ったらもちろん、小林可夢偉の無念を晴らすためザウバーでチャンピオンになるつもり。

F1 2011 (VIP PASS CODE 同梱)
F1 2011 (VIP PASS CODE 同梱)

####

いやぁ、スパIVAEが相変わらず勝てないな。だいたいPP2300~2500辺りで停滞。さっきなんか、ランクマでアドンに7連敗ぐらいして軽く、というか普通にめまいがした。PP+1500ぐらいの完全な格上相手とはいえ、もうちょっとなんとかなるだろオレ的な。

あとなぜかPS2の「ベルセルク~千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章~」(2004年)を買って遊んでいるのだが、これがなかなか遊ばせよる。ドラゴンころしのずっしりとした重みを再現しつつもスピーディな立ち回りができるCERO Zなバッサリ感がとてもいい。今後はもっと版権タイトルを遊んでみようと思いました。以上。

ベルセルク 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇 聖魔戦記の章 通常版【CEROレーティング「Z」】
ベルセルク 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇 聖魔戦記の章 通常版【CEROレーティング「Z」】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/452-b858f4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。