-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-05 

好みを人に伝える 

「黒い機械に発情する」にも書いた通り、ここ6年ほどIBMのノートPC「ThinkPad X22」を愛用している。愛用というかお金がなくて新調できないだけなのだが、6年といえば過去のどの彼女よりも長いつきあいである。誰よりも多くの時間を私と過ごしているし、多くの言葉を聞いているし、趣味も熟知している。私の恥ずかしい秘密も知っている。もしこのX22が人間なら、私にとっては世界一の理解者となるだろうが、おそらく世界で最も私を嫌うのではないだろうかと思ったけど人間じゃないからどうでもいいや。あかん、めちゃおなか減った。

さて昨日、3人の人間が同時に新調するPCについて私に相談してきた。私も触発されていろいろなPCのサイトを徘徊して最新型PCを物色したわけだが、そしたら今日になってデスクトップPCが起動しなくなった。昔だれかが「新車を欲しがるとクルマがすねる」と言っていたが、まさか本当だったとは。

HP Pavilion Notebook PC dv1700/CTそんなわけでいろいろなPC、主にメーカー製PCを物色していたところ、私にはヒューレット・パッカードのPC「HP Pavilion Notebook PC dv1700/CT」がしっくりきた(WXGAは微妙にしょぼいが)。ひと昔前はシルバー&ブラックというメーカー製PC然としたHP製PCのデザインを嫌っていたのに、今は逆にThinkPadのデザインの方がカッコ悪いとすら思える。ThinkPadのデザインは変わらないし、またそもそも変わらないから良いというコンセプトが気に入っていたのに、実に不思議だ。

自分の機械に対する嗜好は大体把握していたと思っていたのに、なんだかよく分からなくなった。色か、フォルムか、機能か、背景(ブランドイメージなど)か、歴史か、一体なにを重視しているんだろうか?

一見すると、機械に対する嗜好は、普遍的な“見ため”と、スペックで一目瞭然の(はずの)“機能”、そして個人によって理解にばらつきのある“背景”に大きく分類できそうだが、“この機種にしては珍しい形状”とか“過去の機種に比べて”とか、本来“見ため”であるはずのフォルムにも背景は存在していたりする。機能も同様に背景を持っている。この背景というのが曲者で、この部分だけは人に伝えにくいし共感を得られにくい。カーキチ(不快用語)がクルマを見るのと、そうでない人がクルマを見るのとではやっぱり違うでしょという当たり前のこと。

もちろんほとんどの人が「いいなぁ」と思うフォルムなんかもあるんだけど、それが生理的な理由なのか、より一般的な背景を共有しているからなのかは分からない。その大掴みな“生理的”つーのも、突き詰めれば背景の集積だったりするわけで、やっぱりよく分からない。

でも、だからこそ、自分がモノに対して抱いた印象とか、どこが好きとかどこが嫌いとかはキチンと言葉にしてほしいなぁと思う。長くても短くても、自分なりの尺度で話せばいいじゃねぇのと思うんだけど、なかなかそれをしてくれない人が多い。

……と、強引に尺度というキーワードを出して以前書いた「『Web2.0』が教えてくれないこと 」につなげてみたわけですがいかがでしょうか。だめですか。私は微妙にだめだと思います。

■Williams BMW(HPカラー)

Williams BMW

写真が暗いけど、私が(現時点で)F1史上最も美しいと思っているマシン。今では当たり前になったつり下げ式のフロントウィングと、そのおかげで水平にぐっと張り出したノーズ、白+青みがかった紺という色(ワークスマシンは白ベースじゃボケェ!)、BMWエンジン、HPというスポンサー、どこをとってもまったく隙がなく、トータルコーディネイトしたデザイナーに血が出るほど舌を巻く。

これを見て「そぉかぁ?」と思う人がいるのは別にいいんだけど、というか絶対いるだろうけど、じゃあどの部分で評価が分かれるのかってとこを知りたい。ダメとかじゃなくて知りたいだけってとこも、人にはうまく伝わらないんだけど。

コメント

「今日も俺はノートPCを直腸に出し入れして自慰した」ってとこまで読んだ。

あかん、めちゃねむい。

日本語が難しくてよくわからんけど、あたしも昨日パソコンを買ったよ。流行ってるんかねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/43-2e29086e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。