-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-05 

「面白そう」の帰結をだな 

twitterのつぶやきを始めとした各所(?)のコメントを見ていてイラッとするのが、「面白そう」という言葉。新しいゲーム、新Webサービス、何を見ても面白そう面白そうの嵐で、いつもムカムカしている。

別にいいと思う。言うのは。「オレはこんなにアンテナ張ってんだぜ!?」というアピールは論外として、面白そうだと思えるものは実際にたくさんあるし、そういう発言から注目を集めるものは山ほどあるだろう。もちろん私も言うし。

ただ個人的には、以下の2点は守る。

(1)本当に面白そうだと思ったものにしか言わない
(2)実際に面白かったかどうか(体験したら)必ず評価する


とくに(2)は重要。

各所のコメントで一番腹が立つのは「面白くなかった」とか「あれはxxのxxがダメだ」とか、自らの名で責任を持って評価を下す人がほとんどいないことだ。ポジティブな意見のみを残したいという気持ちも分かるが(うそ。分かんない)、「面白そう」で話題を開いて評価で閉じないのは、面白そうと取り上げなかったその他多くのモノや受け手にとってアンフェアだし、対象に対しても失礼だ。

また、メディアに携わるなどなにかしらを評価する職業の人にとって、上記は当然のはずだ。悪い部分を取り上げないと良い部分は浮き彫りにならないし、自らの言説の信頼性についても同じことが言える。つまり誰も何も得しないわけだ。コントラストをつけないで何事もフラットにしようとする態度が私は大嫌いだ。その楽観と無責任さには虫唾が走る。心底嫌悪する。

いや、繰り返すけど、言うこと自体はいいと思うんだよ。でもなー、仕事ならともかく、なんのバイアスもなく個人で発言できる場所でいったい何を守ろうというんだろう? うーん、分からん。何もかも分からんことだらけだなー。

よし、かわいい写真でも見て心を癒そう。

面白そう

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/380-b563e6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。