-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-31 

そういえば少し前に「ウォッチメン」を観た 

「正義」「平和」「生命」の価値を、すっかり社会システムに組み込まれちゃった隠遁スーパーヒーロー達の視点で描いた作品。正義は悪に、平和は戦争に対して相対化することができるが、生命には相対化の対象がない。そんな生命に対して、人間、ヒーロー、さらには神のごとき能力をもつ超人がそれぞれの絶対的価値を基に答えを出そうとする。

……といった感じで広義には割とオーソドックスなテーマを扱った作品ながらも、設定やディテールのクオリティが高いため没入感は抜群。コミックス原作ならではの説教臭さを映画の十八番ともいえるケレンミで装飾して照れなく炸裂させた良作だ。★4.5ぐらい。


ウォッチメン Watchmen
▲「エ、エボリューション!?」などと条件反射で不吉な予感が込み上げてしまう本作のメインロゴ。毎度のことながら、あらすじやキチンと書かれたレビューなんかはどこか別のところで適当に見てくらはい


局所的に感想を述べるとすると、やはり人物の描写が良い。

冒頭にも書いた通り、ケレンミは映画ならではのグラフィックスやエフェクトに任せて、キャラクターの容姿・性格面での記号化は最小限に抑えられている。そのおかげでキャラクターが理不尽な言動・行動を起こすことが少なく、熱血漢や淫売から量子力学の産物までを取り揃えたウォッチメンの面々すべてにある程度までは漏れなく感情移入することができる。これはきっと原作が良いのだろうね。そのうち読もう。


ウォッチメン Watchmen Dr.マンハッタン
▲科学実験の事故により、あらゆる原子を操作できるびっくり能力を手にして心行くまで超越しちゃったDr.マンハッタンたん。彼の「(将来の)核戦争で大量のタキオンが発生して未来が読めない」みたいな発言にデレッとしない人は、本作を楽しめないかも。


そんなこんなで、ストーリー自体はトム・クランシーの軍事小説を彷彿とさせる「人類死ぬの? 死んじゃうの?」的SF&スリラーな作りなので、コミック原作のフィクションに没入するのがヘタクソな人でもそれなりに楽しめると思う。私自身はとても楽しめた映画だったので、おすすめ。


WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)デイブ・ギボンズ

おすすめ平均
stars映画より断然面白い
stars話の内容がより深くわかる原作だと思った
stars高くてもこちらがメイン。
stars解説について
stars大人の為のアメコミ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲これは本編じゃなくて、DVDかなんかと合わせて発売されたコミックスらしいのだが、うーむ。なんだかとてもほしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/375-9a174348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。