-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30 

「アニメーターの給料が安いのは搾取のせい」という論調が嫌い 

→アニメーター「月給7万…彼女できても結婚できぬ」…「アニメの殿堂より現場に資金を」の声 (痛いニュース(ノ∀`))

定期的にエントリーされ、今回もアニメの殿堂騒ぎに乗じて盛り上がっているこの話題。

レスやコメントは判で押したように「広告代理店やテレビ局の搾取のせい」という論調だけれども、じゃあなんで搾取(と呼ばれることを)されるかっつったらなんだかんだでアニメーターという職業(職能)が、供給過多かあるいはリプレイサブル(代替可能)だってのが一番の理由なんじゃないのかと。以前「日本のアニメってそんなにすごい?」でも似たようなことを書いたけど。

つーか、そもそも専門知識や技術があっても、それは必ずしもお金には結びつかないよって話じゃないのかな?(以前やいやい言われていた「IT土方」と根本の問題は同じっぽい)。ほら、たとえば日本中の道路に落ちてる犬のうんこを拾い集めて地上100メートルの高さに積み上げる高度なロジスティクスやうんこの加工・組み立て技術を持っていても、だれもお金をくれんでしょう?(知識・技術の価値の問題)。仮にその技術にお金を払ってくれる人がいても、技術を持つ人が多ければ分配率は下がるでしょう?(需要と供給の問題)。

いや、そこまでシニカルに書く必要はないんだけど、問題の構造はほかの低賃金職業とまったく変らんのに、なぜそこまでアニメを特別視するのかが疑問。まぁアニメが好きなんだろうから特別視するところまでは百歩譲って良いとして、だからといって特権的な支援を要求するのはお門違いというか傲慢過ぎる気がする。無差別平等な生活保護を訴える分には誰にも文句言われんだろうし。

――と、100番煎じぐらいの意見を書いてみる(いやぁ、我ながら新しい視点が一切入っていないことにびっくりしている)。好きなアニメのある個人としては「すまん!すまんけど頑張ってくれ!」という思いが精一杯。

####

書いてみて思ったのだが、そういや私はアニメーターという職業の内容をほとんど知らんな。「まぁリプレイサブルなんだろうな」っていうのは現象からのみ帰納しているだけだし。じゃあアニメーターって同職種の人間と差別化可能なほどクリエイティブな仕事をしているの? というのが素朴な疑問だったりする。「疑問に思う」じゃなくて「知らない」という意味で。創意工夫のレベルだったら自給1000円未満で働くコンビニの店員ですらやってるわけだしなー。

それが分からないから、低収入という現状を打破するだけのパワー(というか余地、か)が、アニメ産業、技術、個人に残されているのかがそもそも分からん。なんだ、分からんことだらけだな。

コメント

大して関係のない話題を。
とある大陸の国では、遥か彼方まで永遠かと思われるほど続いている直線の国道を、照りつける日差しの中で、4人ぐらいの人力だけで掃除していたりする。「なんで清掃車を使わないんですか?」と素朴かつ愚かな疑問を投げかけたところ「清掃車買うより安いから」と。
この国では人力は有り余ってる。失業率が増加の一途。だから低賃金でも雇うことができる。そのため、低所得層はずっと低所得層なわけで。もし、賃金を上げれば雇う側はコストが増えるため、労働者を減らす。もしくは機械化する。そうすると更に失業者が増える。搾取する雇う側にたまたま今いる人との経済格差はどんどん広がる負のスパイラル。
現状に満足してないなら現状を打破すればいいと誰かが言ったような論理を口にしても、現実問題働かなければ明日食べる物がなくなる状況でどうやって打破できよう。
なんだか自分で職業が選択でき、好きでその仕事をしているのに、文句を垂れ流す我が国の国民たちは贅沢なのではと。

~とある大陸の国のホテルより~

1.
現場にいた人間の意見では、マンパワーは慢性的に不足している。
代替可能というか、不足分を海外に頼るわけ。
2.
東映動画の労働争議(宮崎駿や大塚康生が参加)で東映動画が外注で乗り切って以降、
アニメ業界で近年まで労働争議が行われなくなるわけだが・・・
3.
アニメーターなぞマネージメント能力が皆無の人間ばっかりだからね。
虫プロを倒産させた手塚治虫とか倒産寸前までいったジブリの宮崎駿とか・・・

こうやって列挙すると
需要と供給の問題ではなくマネージメント能力の問題。
ぶっちゃけた話、アメリカみたく
ピンはね率の上限を法規制すれば、解決する話。
ただ、確実にテレビ局・広告会社が敵に回るが・・・

知識・技術の価値の問題も同じ。
マネージメント能力が無いから安売りする。
現に「もののけ姫」の監督報酬は2000万ぐらいしかなかったはず。

>じゃあアニメーターって同職種の人間と差別化可能なほどクリエイティブな仕事をしているの? 

実は同職種ってのは無い。

よく比較されるが、同じように作画をする職業でも全く別物
漫画家:脚本・ストーリー構成などが重要視される
アニメーター:レイアウト技術・演技力などが重要視される

絵柄に関しては差別化ではなく平均化させる能力がいる。
(じゃなきゃカットごとに絵柄がばらばらになる)

>低収入という現状を打破するだけのパワー

パワーだけでは解決できなかった(東映動画の労働争議)
ちなみにこの時、作画監督の給与<東映の新入社員の給与だったのよん。

昔の動画屋さん

長いコメントありがとうございます。

>代替可能というか、不足分を海外に頼るわけ。

それがまさにリプレイサブルということですね。私が経営者なら、クオリティが低下しても商売として成り立つと判断したら、海外の人材を使います(理念的な問題はさておき)。

>東映動画が外注で乗り切って以降

「あれ?乗り切れるんだ?」と分かった点が世間的には良かったけど当事者にとっては職を追われることにしかならなかったということでしょうか。まぁ競争の原理としては必然ですよね。むしろ良かったこととすら言えます。誰の視点から見るか、ですけどね。

>マネージメント能力が皆無の人間ばっかりだからね

その辺りの構造は“企業”として整備しなければいけないでしょうね。じゃあ「なぜマネージメント能力の高い人材が集まらないのか?」という話になると卵が先か(ry という感じですが、最終的には需要に集約されるように感じます。現象だけを見ると。

>実は同職種ってのは無い。

ああ、そういう意味ではなくて「アニメーター同士」で、という意味です。誤解なきよう。

>パワーだけでは解決できなかった(東映動画の労働争議)

「パワーがあったのか」は未知数なのでは?

>ちなみにこの時、作画監督の給与<東映の新入社員の給与だったのよん。

編集者の平均年収がライターの平均年収と上回るのと同じ構造なんでしょうね。胴元なので仕方ないといえば仕方ないというか……。例外はいたんでしょうし。

あ、全体的に否定ばかりしているようで恐縮ですが、ネガティブな気持ちはまったくなく、ただの素朴な疑問として書いています。

日本がアニメを作るのに100%の機械化・動画外注は無理です。

まず、アニメーターの作業が何故完全デジタル化できずにマンパワーに頼りきりで残っているのかといえばココが最も機械化しにくいからです。

どのアニメも特有の絵柄で描かれています。そして、同じキャラですら様々な表現で描かれます。その原作の多くは漫画ですね。漫画家本人の絵にファンも多いですからこれのイメージを崩すのは元も子も無いのです。そしてそれらの漫画は三面図を想定して描かれていませんのでかなりあべこべな構造をしています。

これは実は3DCGを2D化しただけでは表現し切れません。アニメーターが巧妙なテクニックで調整&変形させています。また、パースをあえてずらすなどしてコンピューターにはまだ出来ない画面を造っています。

これを機械で作ろうとすると毎度流行の絵柄が変わるたびに破綻の起きない3Dの作り直しとなりゲームを作る並(数億~30億)の費用がかかる上、アジア人に好まれる二次元表現としてのクオリティーは下がってしまう。日本の描き捨て&使いまわしの出来ないという業界事情に合わない技術です。リアルが好まれるアメリカのCG事情とは日本はまったく違うのです。
リアルな画面を作ったところで日本での工業収益はボロボロでしょうし。

また海外に何故発注すべきではないのか、という話です。もちろん私は50%は海外に発注してもいいと思いますが50%は日本のクリエイターで作らなければならないのです。

なぜなら、アジア各国の感性は日本人の感性とは違うので100%外注すると勝手に変化し始めてしまうのです。それは動画のクオリティの問題ではなく、アジアナイズされた絵になるということです。絵柄というアニメ最大の魅力がコントロールできなくなり国内での競争力は落ちます。

現に、彼らの色使いやセンスは違うので送られてきた動画や背景は日本で徹底的に直しています。なおして要約テレビで流せる日本のアニメになっているのです。

しかしまだ直すことが出来るだけ今はマシかもしれない。
絵を直すというのは非常に難しくそれを描いた人より巧くなければ直すことが出来ないのです。動画などのアニメ関係者の新人が育たないということは有能な治す人間が将来的にいなくなるということです。日本のアニメ会社が外注しても独力でアニメの補正を出来なくなってしまうのが問題なのです。

アニメの魅力の半分は絵です。
この魅力を作り出す力が海外に完全にうつれば。何も海外は日本主導でものづくりをする必要もなくなります。中国人が企画し中国人が描いたアニメがすばらしければ世界中の人たちが中国のアニメを見ます。作画監督やキャラクターデザイナーが生まれる前段階の動画を潰すことは大変危険です。

逆に動画は海外に発注されていることによってこれからすばらしい技術を持った人たちが生まれてきます。今はただの技術屋に過ぎませんがこれからその中からクリエイターになるものたちが出てくるでしょう。

日本アニメもかつてはアメリカアニメの外注先だったのです。

日本の仕事を中国がとるのは今のところ日本のコンテンツ力が高いからです。技術力はもはや上といっていいでしょう。しかし、昔作ったキャラクターが50年後まで残るでしょうか?ミッキーマウスのようなキャラもいますが。新しいものを作る土台や作る人間が生まれる土壌は無くなれば良い商品は生まれません。

実際韓国などはこういうコンテンツ産業を奨励しドラマや漫画などは日本にも来ていますね。成果は着実に出ているわけです。

日本が海外にコンテンツ力で負けた時点で、ようやく外注型のビジネスモデルが崩壊するわけです。海外はもう日本に従わない。金と効率だけでコンテンツに魅力を持たせようとしても限界があるわけです。それは過去の人的遺産の切り売りでしかない。アジアの辺境がありえないと思うかもしれません。しかし、これからは中国はどんどん力をつけ日本は落ちていってしまう。この力関係の変化は世界中で起きています。新しい時代、中国初めとした各国はもっとクールで力強いイメージで受け入れられるかもしれません。かつて日本がそうだったように。

長くビジネスとして続けるには成長しつつ、売っていかなければならないのです。他の業界でも外注を増やした結果そういう問題は出てきていますね。大手企業などは今ようやく社内に製造力を最低限残す方向になってきましたが。アニメではこれから外注に傾くようです。巧い話には落とし穴があるわけで。

効率がいいから外注すれば良い、それが正しいというのはあくまで「今」は利益を出せる案であって、長期的にみると市場を奪われる可能性や競争するための基礎力を欠如させる結果となってしまいジリ貧なんですよ。

dddさんコメントありがとうございます。
お返事は、下記に書きました。

http://gueed.sakura.ne.jp/blog/archives/1017

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/318-7afbdd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。