-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-01 

「精霊の守り人」のアニメは駄作 

「神山監督の作品でよく出来ている」という微妙な文句で人に薦められて観たのだが、鑑賞に堪えなかった。アジアンテイストの、ただ「独特」と言えるだけの世界観、独り言ですべてを説明してシラケさせるうえ、不可解な行動ばかりでイライラさせるキャラクター達、まったく展開しない間延びしたストーリー。原作はどうかしらないが、アニメ版は完全な駄作と言える。面白くない。ビジュアルは美しいからお金はかかっているんだろうけど、それだからこそかえって物語としてのディテールの低さが浮き彫りになっている。繰り返すが、面白くない。

精霊の守り人 バルサ DVD
▲主人公バルサのビジュアルや声優さんだけは気に入ったのだが……

1話を観た時点で嫌な予感がして、それでも4話まで我慢して観たのだが、期待は裏切られ続けてあえなく断念。それだけならまぁ良いのだが、Amazonなどでそこそこ高い評価を得ているからびっくりしてイスから転げ落ちつつ、こうやって日記を書いている。

→精霊の守り人 1〈通常版〉 [DVD](Amazon.co.jp)

面白いのは、上記ページの9件あるカスタマーレビューで、唯一星1つをつけているレビューの意見が最もまともであるにも関わらず、「このレビューが参考になった」の投票率が最も低いこと。そして、あらゆる海外動画サイトで翻訳されて観られているということだろうか。ああ、哀れみを感じる。「関係者全員に幸あれ!」という思いが込み上げてくる。

断言するが、この程度のアニメをありがたがる視聴者はまともなアニメ(というかエンターテインメント作品全般)に出会っていない、または素養がないなどの理由で、評価の基準を自身で確立できていない。好き嫌い以前に厳然と存在するレベルの低さを見抜けないのは、そうとしか考えられない。もちろん「だから評価するな」ということでは断じてなく、この世はそうやって評価する人が多い、というより、そのような評価が大半であるということを再認識しましょうねということだ。

で、先日書いた「日本のアニメってそんなにすごい?」にも通じることだが、やはり日本のアニメが一部の諸外国で重宝されるのは、アニメーション制作技術の高さへの驚嘆と、場合によってはアジアという未知の世界観が描かれるものに対する珍しさ、が大きく貢献しているという思いを強めた。

そしてなぜこんなことを書いているかというと、私はただ面白い作品が観たいだけなのである。いくら有名監督の作品でも、いくらお金がかかっていようと、いくら作画が美しかろうと、面白くないものは面白くないと評価できないと、面白いものが生まれなくなる土壌ができあがってしまいますよ、と強く言いたい。

などと、無駄と知りつつも「不正をやめろ!」と政治家に叫び続ける一般有権者のような心持ちで書いてみました。あーすっとした。この無価値な日記が広大なネットのちっぽけなチリゴミとして浮遊し続け、制作者の目にとまればこれ幸い。掃き溜めっぽい使い方で恐縮だけど、ブログって便利ですな。

注)原作は知りません(いずれ読みます)ので、アニメ版についてのみ語ってます。そして一応私のパーソナリティを表す情報として「アニメ攻殻機動隊の大ファンです」とメモ。

コメント

まともなアニメ作品はどれですか?重要文化財級の作品があるのですか?アニメを高尚な文化や芸術と勘違いしてやいませんか。アニメを見るなんて大人として低レベルですものね。

>まともなアニメ作品はどれですか?

論理的にか感情的にか、どちらかで面白いと言える作品です。
本文に出した攻殻機動隊S.A.Cなどはどちらも満たしていますね。
ですが精霊の守り人はどちらも満たしてくれませんでした。
論理的に面白くない点が指摘できるのは、最低ラインに
立っていないからだと私は考えています。
(これは人それぞれとか、そういう問題ではないです)

>重要文化財級の作品があるのですか?

あれ?どこかにそんなことが書いてありましたか?
あれば教えてください。観ますので。

>アニメを高尚な文化や芸術と勘違いしてやいませんか。

どこかにそんなことが書いてありましたか? 勘違いはしていない
と思いますし、一方で高尚な文化や芸術と考える人がいるとしても
私に異論はないですね。

>アニメを見るなんて大人として低レベルですものね。

そうお考えなんですか? じゃあ私も低レベルですね……。

自分の感想と世間の感想がズレてるからって
ヒステリックに批判を書き散らすのって
傍目には滑稽にしか見えないよ。

まぁ今自分で見返したら恥ずかしいと思うんだろうけど。

……というヒステリックな書き込みをありがとうございます!
元気でました!

こんなおもしろい作品を楽しめないとは,なんとお気の毒なw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/307-26dd7743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。