-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-02 

政党政治下の政治家個人にとって国益を目的とした行動の大半はリスクとなるという構造的な欠陥について 

書くつもりはなく、ラーメンとゲームのオチのない話を書く。

銀河系を制したS級のB級ラーメン「スガキヤ」


先日注文したスガキヤのラーメン(生麺タイプ)が届いた。

スガキヤ ラーメン
▲愛知県名古屋市に本社を持つスガキコグループのフードチェーンスガキコシステムズ株式会社のラーメン。しょっぱいスープに魚出汁、そして噛むと少々粉っぽい麺がチープではあるが、抜群にうまい。基本的には近畿地方を中心に展開しているが、数年前には都内(高田馬場だったかな?)にも進出したらしい。そして潰れたらしい。

私の地元であり、肥えの香り漂う近代的な過疎地こと舞鶴にはスガキヤがあった。スガキヤは西舞鶴駅前のスーパー「さとう」最上階のフードコートにテナント出店しており、屋上のゲームセンターへのアクセスに必ず通るという抜群の立地条件から、私を含む主にゲーム少年の懐を圧迫していた。ちなみにそのゲームセンターは、屋上の同一フロアにペットショップがあるため全体的に獣の香りが漂っているのが特徴で、そこで私はバーチャファイターをプレイしたり、ジュース自販機でメロンソーダとカルピスのボタンを同時押ししたり、コイン落としゲームを破壊したりカツアゲされたりしていた。

私が中学生だったある日、一人っ子であり金持ちの山田君とスガキヤへ立ち寄った際、私は胡椒のフタをゆるめるという破壊工作に成功した。見事山田君のラーメンを「ラーメン入りの胡椒」にして彼のひきつった笑顔を心ゆくまで堪能したのだが、それ以来山田君には会っていない。風のうわさでは高校進学後に頭がネジがゆるんで退学、その後頭がネジが締まったため大検を取得し大学へ通い、再びネジが飛んで失踪したと聞くが、元気なのだろうか。最近よく夢に出てくるから心配である。


「BUSIN 0 Wizardry Alternative NEO」を遊ぶ


BUSIN 0
「BUSIN 0 Wizardry Alternative NEO」は、ウィザードリィシリーズの流れを汲む3DダンジョンRPGである。このゲームを代表するような画面ではない点が誠に遺憾だが、トラップゲームにおける私のハイスコアは275枚。素晴らしい集中力である。

この手のRPGをプレイしていて思う。やはり3D処理は、制作工数削減の手段として利用するのがほとんどのゲームにおける基本的な考え方である、と。まぁアニメーションの3D利用を考えると当然過ぎて書くのも恥ずかしいが、とはいえ2Dベースのプロダクトが少ないのはやはり3Dでベースを築くというアプローチが多いからだろう(そちらの方が開発者のモチベーションも高そうだし)。

個人的には、たとえば3Dで美しい女性を描くといったことに対して「徒労」という印象が強い(技術向上を目的としたものは別)。我々の脳みそには2Dで描かれた静止画と、3Dでリアルタイムにレンダリングされる無機質なオブジェクトを感情によって結びつけるという高度な機能があるのにも関わらずである。これはやはり2Dという表現について「味がある」などという抽象的な言葉でしかその優位性が語られないのが問題だろう。トゥーンレンダリングという処理がここまで一般的になった理由を考えれば分かりそうなものだが。私? 私はよう分からんです(つかまた今度)。

キチンとした絵師を起用して物語を紡ぎ、豊富なパラメータとそれを利用したシステムを実装して、そのゲームならではの特徴を載せれば爆発的ヒットは望めないにしても大抵は商売になり得る気がする(もちろん、シェア/コミュニティなどのキーワードに関連する時流に乗ったシステムは必要だっぺよ)。オブリビオンの2D版、といえば分かりやすいかもしれないけど、もちろんセル画で3Dマップを作るワケじゃないヨ☆

さて、上記はおそらく“原点回帰”とか“懐古主義”とか言われちゃうんだろう。だがここで胸を張って「なにが悪い」と開き直る態度が今求められているのではないかと。ゲームにはゲームにあった表現があって、そこは普遍的なんだと仮定してもいいんじゃないかなと、3D表現で2Dゲームを作ったストIV(制作工数を抑える必要がなければフル2Dが理想だったと思われる)とかと見てると思っちゃうのよねん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/291-fe9fd105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。