-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-18 

若干ゲームの話などを 

XBox 360/PS2用「スター・トレック」2タイトルの発売が中止に
(4Gamer.net)


嗚呼、繰り返される悲劇。海外のパブリッシャはさして売る気もなく、日本法人はしぶしぶ売る姿勢を見せるしかなく、買う気のユーザもほとんどいないというスタートレック関連商品の日本国内での破滅的な状況を再認識させられる。母数の少ない国にロングテールなぞ存在しないと心得よ。若者たちよ。

国家事業としてe-sportsが推進される中国は、
日本人の想像を絶する世界だった
(ITmedia +D Games)


日本のゲームシーンは、ゲームに対するイメージや、ゲームとのふれあい方、ゲームメーカーのビジネスモデル、ゲームコミュニティの成り立ちなど、ありとあらゆる要素が複雑に絡み合って独特のカルチャーが生まれている。そのため、海外の様なe-sportsカルチャーが根付きにくいのが現状だ。

この締めくくりに違和感あり(あらゆる要素を“カルチャー”でくくると話は終わる)。そろそろまったく違う観点から日本でe-Sportsが盛り上がらない理由を考えて、あきらめるべき部分を明確にする必要があるのかもしれない。以下、私の記憶と、驚くほど少ないサンプルから帰納的に弾き出したまったく根拠のない理由たち。

その1.家が狭い
仲間全員と同一の室内で遊ぶことができない。これがCOOP文化の拡大を抑制している。

その2.友達と家が近い
前述の“家狭い論”といきなり矛盾するようだが、知人との距離が近すぎてオンラインでなにかしらの活動を共にする機会が少ない。

その3.女性のPCに対する理解が低い
ようつべなんかを見ていると、毛唐のお嬢さん方は自宅で(趣味のために)PCをよく利用している印象を受ける。一方日本では女性のPCへの理解が低いため、同様にPCと強い親和性を持つ男性への理解も低い。男性はそれを潜在意識下で怖れている。

その4.気候が良い
お外で元気よく遊べる。

その5.銃を使うことに潜在意識下で罪悪感を抱く
敗戦国なので。

その6.ほかに面白いゲームが山ほどある
そのまま。最有力候補。


……などといいつつ、私はスタートレックのゲームが大好きで今すぐにでも遊びたいし、e-Sportsも盛り上がってほしい。なので、スタートレック商品を日本で展開する法人もe-Sports関係者も総じて応援している。

ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/282-0aea14d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。