-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-22 

「PSP2TV」を装着してみた。とかいってる間にPSP-3000が発表されている件 

遅ればせながら「PSP2TV」(ファミコンプラザより)を入手。

PSP2TV

あちこち探しまわってもなかなか見つからずあきらめかけていたのだが、先週ファミコンプラザさんから1台だけ入荷しましたメールをいただいたので即座に購入(購入した瞬間に在庫切れ表示になるってのは達成感が違うのう)。とりあえず同店は対応も発送クオリティもすばらしい。苦しゅうない。

この商品から私の享受できる恩恵としては、

・本体液晶とTVに同時出力できる(PSP-2000は排他出力。まじ終わってる)
・PSPを分解できる(これは趣味)

など。先日発表されたPSP-3000(Playstation.comより)ではインターレースにも対応したらしいが、どうせ排他出力に違いない。むしろPSP2TV購入の喜びが半減するので、排他出力のままでいい。げへへ。

というわけで、いくつかオペ中の写真アップしておく。詳細はあちこちのサイトであがっているし、マニュアルいらずのパーフェクトな動画レポート(Youtubeより)もあるのでここではダイジェストのみ。


PSP2TV
▲手術前。失敗したら同居ブタの元気なPSPごとアスファルトにたたき付けてやろうと心に誓って手術開始


PSP2TV
▲そうそう、前に私が絶賛していたPSPのCYBER・ラバー グリップセット(Amazonに「うまく剥がせないから」と☆1をつけていたレビューにカチンときてあわてて☆4のレビューを書いた)。今回初めて自分でも剥がしてみたところまったく問題なく剥がせる。多くの人はどうなのか分からないが改めて言っておくと「いい商品です」


PSP2TV
▲バッテリーパック装着面にある保護テープ。「絶対に剥がさないでください」という文言がそそる(ベリべりべりべり)


PSP2TV
▲パネルをはずして内臓丸出しなところ。液晶はシャープ製なんですな


PSP2TV
▲心配そうに手術の様子を見守るジョーディ・ラフォージ君(15年前ぐらいに銭ゲバの姉がくれた)


PSP2TV
▲これが新しく装着する脊髄。表面積は交換前の2、3倍ある


PSP2TV
▲ボタンやボタン用ラバーを新パネル(ツヤ消しで悪くない)へ移植する。改造するうえでは正直、電気系よりメカ系(操作関連)の方が心配である。プレイフィールが変わるのが一番いや


PSP2TV
▲一度組み上げてラフォージ少佐が動作チェックをしたところ「電源が入らない」とのこと(写真はまだ保護フィルムを剥がしていないので液晶がげじげじ)。慌てて再度分解してみたら、極めて大事チックな端子が接続されずにプラプラしていた。あぶねぇ!まじあぶねぇ!


PSP2TV
▲そんなわけで、今度は組み上げる前に動作チェック(いつもは行う行程だが、電源の供給方法が改造前と同じかどうか自信がなかったのでやらなったのである。言い訳すると)。おそろおそる火をいれたらピロロロロンという聞き慣れた音と共に、ボワーッと液晶が発光してきた。鉄拳の壁紙が恥ずかしいが、嬉しすぎる


PSP2TV
▲TVへの出力も確認して感無量。発色はまずまず。ただPSPの出力解像度が低いため画質は荒く、少し文字が見にくい(まぁ許容範囲)。ちなみにPSPS2TV自体に4:3 or 16:9の切り替えスイッチが付いているので結構便利。写真ではTVの中央付近に表示されているが、TV側が対応してさえいればフルスクリーン表示もできるんだぜ


####


内部のモジュールにもばっちり詳しくなったし、今後はそらで分解して掃除したり修理したりできるぜ(修理はうそ)。問題点としては、パネルの形状と質感が変わったため、ボディ内部で音が少し響く、○ボタンが少し浅くなった、というところ。後者は若干不快だが、どこかしらを削ったりして対応可能と思われる。

とりえあえずそんなとこで。念のため書いておくと、上記はすべてPSP-1000のお話です。
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/267-47885fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。