-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-12 

Gueed音楽事情 

「人を知る近道は、聴いている音楽を知ることである」 by おれ

というわけで、最近聴いている曲を恥ずかしげもなくメモ。順位の変動が激しいうえに季節や気分によっても変わってくるので、「いろいろベスト5」には入れられないジャンルである。

ついでに言うと、私はこういう日記においてアルバム単位で好きな音楽をピックアップすることはできない。これは音楽アルバムが必ずしも特定のコンセプトに沿って制作されているわけではないというか仮にやってると謳っていてもあまり信用していないからである。

というわけで、我ながら音楽に造詣の浅そうな発言を繰り返しつつ、気を取り直して以下に淡々とメモ。

■「The Man Who Sold The World」

デヴィッド・ボウイのアルバム「The Man Who Sold The World」より。初めて聴いたのは、ニルヴァーナの「MTV Unplugged in New York」というアルバムに収録されていたカバー曲。どちらもそれぞれ持ち味があって良い。

■「悲しくてやりきれない」

アルバム「パッチギ!」(サウンドトラック)より。歌っているのはオダギリジョーで、原曲はご存じフォーク・クルセダーズ。フォークルの原曲+オケという感じでなかなか聴かせる。つーか暗くて惨めでわびしい曲が好き。

■「No Surprises」

レディオヘッドのアルバム「OK Computer」より。やさしいメロディ。

■「High And Dry」

レディオヘッドのアルバム「The Bends」より。

■「where does ocean go?」

アルバム「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.」(サウンドトラック)より。実は最近では最もお気に入りの曲である。なぜだろう? 変だ。この曲なんか変だ。この曲に魅了される自分が変だ。聴いているととても複雑な気分になる。なんかトラウマかな。

■「メランコリニスタ」

Yukiちゃんの歌。こんな私でも聴いていると元気が出てくる。某編集部のガンであり情緒不安定でノイローゼ気味なうえイ○ポの疑いがある蝦夷ブタ氏(注:臭い)と、「最近のヘビロテ曲」としてシンクロした。ちなみにこの腐れブタ氏とは、過去に「ツイストで目を覚ませ」(ユニコーン)や映画「エド・ウッド」などでシンクロしたという経緯がある。遺憾ながら気が合うと言えなくもない。ちなみにブタ氏からのメールは、主に「心中する日、きょうじゃなかったっけ」「悪ぃけど救急車呼んで」「さびしい」「キャッツから予告状が届いたんだけど」といった内容。死ね。

■「群青日和」

今更ながら東京事変のアレ。古いけどずっと聴いている。この完成度の高さは半端じゃないと思うのだがいかがか。私が田舎者なせいで“東京”や“新宿”というキーワードに弱いことを差し引いても、モリモリと士気が上がる曲。マイリーの戦いの歌のよう。

■「カーテン・コール」

エミネムのアルバム(これはアルバム)。昨日このアルバムをかけながらステアーAUGを模写していたのだが、やたらと作業に集中できた。ヒップホップだからかな。前に出てこない感じが良い。

以上、そんな感じ。

同じ曲ばかり聴き過ぎてCD上のその曲の部分が物理的にたわんだなんてことはプレーヤーの構造上あり得ないわけだが、とにかくそのぐらい同じ曲をヘビロテするのが私の特徴である。頭が悪いのかもしれない。悪い意味で。

###途中経過

禁煙時間 0年 0月16日16時間58分
吸わなかった煙草 334本
浮いたタバコ代 5344円
延びた寿命  1日 6時間37分

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/14-5a56cb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。