-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-22 

1000年燃える町 

これは怖い。

一時期有名になったっぽいので知っている人も多いと思うが、ホラーゲーム・映画の代名詞「サイレントヒル」のモデルとなった米ペンシルバニア州の町、「セントラリア」の紹介動画を教えてもらった。

セントラリアは、1950年に発生した炭坑火災の炎が、50年以上経過した今この瞬間も地下でくすぶり続けているという“リアル地獄”。

当時の政府は何も手を打たず、出火から40年後の1991年、消火にはあまりにも費用がかかり過ぎるとして、住民に退去勧告を出したとか。現在では少数の住民はいるものの基本的にはゴーストタウンと化しており、鎮火、つまり地下の可燃物質が燃え尽きるのに1000年以上かかると言われているらしい。おお怖い。怖過ぎる。

        ■“Footage from the real Silent Hill”Centralia, PA

なぜこんなに不安をかき立てられるのか。BGMがマッチし過ぎている。BGMの後半部分は「summer overature」という曲で、前半部分は分からない(そもそも調べていない。知っていたら教えてPlz)。私は前半部分の方が怖かった。

■summer overature(Criteo)
http://www.criteo.com/videos-en/summer-overature-rcJ9ge-3_Yk.aspx

ちなみに、私は「サイレントヒル」をプレイしていないが、2006年に公開されたラダ・ミッチェル主演の映画は見た。ストーリーはさておき、確かに世界観には一種のおぞましさを感じたのを覚えている。決してインパクトがあるとは言えない上記の動画を見てなぜか小動物のように怯えてしまうのは、映画の印象がそれなりに残っているせいかもしれない。

せっかくなので、ほかの人の意見も聞いてみようと同居人に動画を見せてみたところ、「歯が痛い」という貴重な意見が得られた。なるほど、興味深い。さらに彼の内面に鋭く迫るため「なぜ歯が痛いのか?」と問うてみたところ、「親知らずを抜いた」という返事が返ってきた。

ふむふむ、なるほど。

コメント

ここで一緒に暮らさねえ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/114-98020bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。