-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-18 

理想のゲームメモ Ver.01 

私の個人的な“理想のゲーム”を適当にメモ。新たに思いついたり人から突っ込みが入って考えが変わった場合などは、随時アップデートする。最初はとりあえずちょっとだけ。

・音楽が良いこと
すでにある楽曲を使わずに、キチンと画面に合わせて音楽を制作し、使用すること。耳に残るメロディアスな音楽がいい。海外の有名アーティストの楽曲を使用するタイプのレースゲームなどは、正直あまり好みではない。もちろん、すでにある楽曲に合わせてゲームを作ったのなら話は別。

・絵がキレイであること
依然としてグラフィックスのクオリティは重要。キレイな“だけ”では困るが、キレイ“でない”ゲームはもはや遊べない。そしてこの場合の“キレイ”の定義は「プレイ中にゲームがゲームであることを思い出させない」程度のクオリティとする。絵の美しさ=精細さだけだと勘違いしている人があまりにも多い。

・インタフェースにストレスがないこと
セーブ/ロードやウィンドウ操作がしにくい、~が見にくいなどといったストレスは、凄まじい減点ポイント。これらは“敵を攻撃しにくい”や“~が強すぎる”といったストレスとはまったく性質が異なる。絵と同じく、ストレスによって“このゲームはゲームである”というメタな感覚をプレイヤーに与えないことが重要。

・公式サイトが更新されていること
発売と同時に公式サイトの更新が止まる、といったパターンが多い。少なくともそのタイトルが売り上げランキングに名を連ねている間ぐらいは、内容はなんでもいいから更新されているべき。サイトの更新が止まると、なぜかタイトルそのものの寿命が尽きているような印象を受けるし、実際に尽きていることが多い。

・基本的には対CPU戦のCOOPであること
これなら――オンラインゲームなどで発生しがちな――総プレイ時間にほぼ比例するプレイヤー間の格差も、許容範囲が広くなる。これに関連して、MMORPGなどでプレイヤーの格差を吸収するシステム(たとえばPL支援機能など)は必要ないと考える。格差の存在ありきで、各層すべてがその層にとどまる間楽しめるようなデザインがいい。

・シングルプレイが可能であること
待ち合わせなどで時間を割かれたくないときもある。そんなときにプレイそのものを見合わせなければならないのはナンセンスとしか言いようがない。待ち合わせシステムをコアとするマルチプレイゲームの場合でも、多少のペナルティを課したシングルプレイモードを用意してほしい。

・シングルプレイのデータをマルチプレイに生かせること
【基本的には対CPU戦のCOOPであること】に関連するが、シングルプレイのデータをマルチプレイに生かせないのは、そもそもプレイヤー格差を許容しない設計をするから。つまり私はスタンドアロンコンプレックスが好きなのだな。蛇足だが。

・すぐに始められ、中断ができ、すぐに終われること
これはそのまま。マルチプレイゲームでもMOタイプ(≠MMOタイプ)なら、ポーズ機能はあっていいと思う。これも【基本的には対CPU戦のCOOPであること】に準拠したゲームであれば可能なはず。

コメント

・オッサンでもとっつきやすい事

最近のゲームは難しすぎる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/112-b053908a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。