-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-15 

「スーパーマン リターンズ」を見る 

B000FPEMXGスーパーマン リターンズ 特別版
ブランドン・ラウス ブライアン・シンガー ケイト・ボスワース

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-12-22
売り上げランキング : 3960

--Amazonより--
5年ぶりに地球に戻ったスーパーマンが、記者クラーク・ケントとして元の職場で働き始めるが、愛する同僚のロイスは婚約中で、4歳の息子もいる。ショックを受ける彼に追い打ちをかけるように、宿敵ルーサーによる人類破壊計画が着々と進行するのであった…。

アメコミヒーロー物は良作が多いし個人的にも好みのジャンルだが、群を抜くタイトルが少ないのが残念なところ。本作も次から次へとカタルシス満点のCG映像を見せてくれる反面、メッセージ性に乏しいためか鑑賞後の余韻が少ない。ブランドン・ラウス(クラーク・ケント役)容姿の良さと、ケイト・ボスワース (ロイス役)のお色気シーンへの淡い期待のおかげでどうにか見続けられたような気もする。というわけで、★3あたりを進呈。

うーんなんというか、あらゆる意味でブレた映画だなぁという印象を受けた。コンセプトが分からないというか、誰に対してどのように見てほしくて作ったのかがよく分からない。

まず、今作で初めてスーパーマンに触れた人は、さも当たり前のようにスーパーマンの知人として登場するキャラクター達の関係性を把握するのに四苦八苦したはずだ。かといってストーリー進行の中で徐々に各々の人物像を描いていくのかと思えばそうでもなく、最後まで各キャラクター達の心情を読み切れない。

スーパーマン リターンズ

じゃあそもそも本作は、前作までのファンをターゲットにした内容となっているかというと、うーんそれもどうだろという感じ。それならそれで、かつてのファンも知りえなかったスーパーマンのバックストーリーが語られるなり、レギュラーキャラクター間の関係性に少しぐらい変化があったりしてもよさそうだ(後者はあるにはあったが、次回作への布石という意味合いの方が強そう)。

つーか5年も経って地球に戻ってきたスーパーマンが、クラーク・ケントとして再び以前の職場に復帰するっつーのは無理があり過ぎる気がする。というか必然性がない。あれだけスーパーマンとして公衆の面前に堂々と登場できて、また大好きなロイスにも気兼ねなく接近できるのなら、あえてクラーク・ケントという仮面の人格を用意する必要はないと思うのだが。こんなこと言うと「それをいっちゃあおしめぇよ」とか言われるのかな。でもそれほど細くもなければ野暮でもないところだと思うんだな私は。

スーパーマン リターンズ

んで冒頭にも書いたけど、本作の見どころは見事にスーパーマンを演じきったブランドン・ラウスの魅力に尽きる。メリケンでも十分に目を惹く圧巻の体躯に、それとアンバランスな甘いマスク。同じオスの端くれとして、ここまで基本スペックの違いを見せつけられるとむしろすがすがしい。彼と比べれば、私などは生まれてきた事そのものが万死に値するように思える(彼と比べるまでもなく、十分に値しているという気もする)。

そういえば、かつてスーパーマンを演じていたクリストファー・リーブは、落馬事故で頸髄損傷した。それで思い出したのだが、結局“落馬”の正しい使い方は決着がついたのだろうか?(「“馬から落馬”は重複表現か?」ってやつね)。むかーし某編集部で調べたときは、重複ではない(かといって、積極的に使う用法でもない)という結論だったような気がした。んでその根拠は「羊などの他の動物の背から落ちた時も“落馬”と言うから」だったような。うーん。

とまぁいろいろあったが、要するに本作への最終的な感想は、

「ロイスの彼氏が不憫すぎる」

ということである。これは本作を見た人の大多数に同意していただけるものだと自負している。

コメント

ロイスの彼氏より、あんたのほうが不憫すぎるんだけど

おれの不憫さはドッグヴィル住民どころじゃない

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/101-8b36a492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。