-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-23 

メタ情報は共通言語で 

デザインを変えてみた。1名から「だせぇ」、2名から「興味ない」という評価をいただいたが、個人的には日記の本文が左へ移動したことと、文字サイズが可変になったことに満足している。

ちなみにデザインは、Googleお抱えのブログシステム「Blogger」(*)のテンプレートから最も力の抜けそうなパターンを拝借。2時間ほどかけてデザインを変更し終えた直後に、そういえば前のは職場でも開きやすいようにシンプルな配色にしていたのだと思い出して愕然とした。完全に忘れていた。

*Bloggerは12月19日付けで正式版になった様子。
■GoogleのBloggerサービス、正式版に移行(ITMedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/20/news063.html

ところで以前から私は、なぜ日付やサイドバーのタイトルを英語にしている日本語サイトがあるんだバカと不思議に思っていた。なにカッコつけてんだ、と。

でもよく考えたら、これはこれで意味はなくもない。

たとえば私がある情報(記事)を探してリンクをたどり、最終的に馴染みのない言語の国のウェブサイトに行き着いたとする。ぶっちゃけ日本語以外どこにも馴染んでないけど、たとえばドイツのサイトとか。

当然私には読めない。そしてあきらめてほかのサイトを探すことになるわけだが、もしこのウェブサイト(ドイツ語)のインデックスや日付といった各種メタ情報が共通言語(英語)で制作されていたらどうだろう?

おそらく私は、希望の情報がある――と推測できる―記事を見つけることができる。もちろん記事もドイツ語で書かれているから読めないわけだが、ここまでくれば翻訳ソフトやらなんやらを利用して、なんとか判読可能なところまでもっていけるはずである。

つまり、道路標識に異なる言語を併記するのと同様に、目的地まではできるだけ多くの人間がたどり着けるよう、インデックスや日付などの各種メタ情報を共通言語(まあ英語)にしておくのが大事だということ。あとは知らんが、いきゃあなんとかなるという発想である。

この場合「最初から翻訳ソフト使えよ」というのはナシである。なぜならめんどくさいからである。この“めんどくさい”ことで、この瞬間に世界のどれぐらいの人間が非共通言語のサイト閲覧をあきらめているか、ということに思いを馳せるのが重要なのだ。

また、「~なのだ」などと偉そうに書いているが、基本的にファイル名を英数字にする理由と大差ないという点も重要である。

なお、本ブログのサイドバーの項目名を英語にした理由は、ただ字面が気に入ったからなので注意が必要だ。

さて、死のーっと。

コメント

Gueさま、こんばんは。ここに登場するほどの度胸は本当は全くないのですが、どうしょうもないので業務連絡させてください。あの~mixiを衝動的にやめてしまったので、Gueさま差し支えなければまたメアド教えてください。お願いします。さるん

「ハービーの移動力知りたかったのに、いいサイトなかった」って
ドイツ人の友達がすげー嘆いてた。

ハービー?

あ、あんた黒ミサ抜け出して大丈夫なの!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gueed.blog88.fc2.com/tb.php/10-fc183ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。