-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31 

4Gamerに寄稿&補足 「カルネージハート・ポータブル」 

いつの間にか掲載されていた。

→自立型ロボットシム「カルネージハート・ポータブル」を買わずにはいられなくなる,「あなたがカルポを遊ぶべき三つの理由」を掲載(4Gamer.net)

当該記事における個人的な目標は、

・一人でも多くの人がカルポを買ってくれること
・開発陣へのエールとなっていること

といった辺り。

もちろん最も大切なのは、こういったニッチなタイトルにスポットが当たることそのものであり、ひいては私のゲームライフが充実するこということ。要するに壮大(かつ極めて個人的)なポジショントークというわけですな。

というわけで、お時間のある方はぜひ。

ない方もそれなりに、ぜひ。


####

結局何も補足していないという……(ゴゴゴゴゴ)。また今度ね!
スポンサーサイト
2010-01-27 

とてもすばらしいと思うなぁ~。だが断る!――Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入 

といった感じのニュース。

→Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、
  ゲームは常時オンライン環境が必須に(GameBusiness.jp)


いつか始まるとは思っていたが、いざ始まるとなるとイヤだな。

理由は以前書いた通り、ゲームのライフサイクルが提供元の寿命に依存することになるから。“タイミングを逃すと一生遊べない”みたいなゲームが出てくるのが怖いんだな。

でも裏を返すと“遊ぶためにタイミングを合わせる(今遊ぶ)”といった行動をプレイヤーに促すことができるのかもしれない。世知辛い気もするが、まぁゲームがそういう消費スタイルに適合するようになってきたってことなんかなあ。

イヤだけど。
2010-01-17 

日記だけどJRPGや140文字小説の件など 

本日の収穫は、「揺籃の星」(J・P・ホーガン/創元SF文庫)を100円で入手できたことだろうか。あとはいつもと同様、蛆虫のようにモゾモゾと栄養補給と排泄を繰り返して過ごした。


■Twitter 140文字小説の件

本日知ったのだが、Twitterには140文字で小説を書くという、どこかで聞いたことのある気がする不気味なハッシュタグがある。→#twnovel

せっかくなので元神童・現チンピラこと私も、善玉菌全開の大腸からすべり落ちるうんこ顔負けのスムースさで美しい小説をひねり出してみた。

ゴールした政夫は息も絶え絶え、母の姿を探す。(いた!)人ごみを掻き分け我が子を祝福せんとする母。「母さん!」「政夫!」母の胸に飛び込んだ政夫は、乳房にむしゃぶりつき、ショーツの中にするりと右手を滑らせた。「まさ……お」雪子のしっとりとほぐれた花びらをかきわけ――

私のこの渾身のビチグソ小説に対して誰からもリアクションがないのが許せない。ひどすぎる。フォロワー諸氏には猛省を促したい。


■JRPGについて

→「JRPGを改善する10の方法」-海外からの提言(インサイド)

異論のある人は少ないだろう。私も基本的には同意。ただ、記事の前提条件が圧倒的に不足しているから――決して揚げ足を取るわけでなく――「改善」という言葉が気になる。

改善とは、理想系とのギャップを埋める行為だ。おそらくこの理想系の前提は「高セールスという目的を達するための理想形」であると察するが、では、なぜあらゆる国であらゆるペルソナをターゲットとしたエンターテインメント作品が、同じ“理想形”を共有しなきゃいけないんだろう? 

たとえば一本道と悪名(?)高いFF13なんかは、実は“一本道大好きっ子”というサイレントマジョリティをターゲットとしたマーケティングの産物かもしれない。じゃあそういうの作っちゃダメなの? 売れたじゃん。なんで? 売れないべきだった?  

##相対化して遊んでるわけではないよ

……あたりの疑問が浮かんでこない程度には、記事の前提条件を明確にしてほしいな、と。あ、すでになにかしらの前提条件が執筆者と読者の間に共有されてるのかな? それはなに? どんなんどんなん?


■小沢氏の件

まじめに、この国は義務教育に論理学を取り入れるべきだと思う。すべての政治家の発言がポジショントークと化し、本当にこれが地球を制覇した霊長類同士のコミュニケーションなのかと絶望している。何度でも書くが、私がバルカン人ならワープサインを発見してもファーストコンタクトを避けるレベル。


####


おやすみなさい。

2010-01-11 

「面白いだけじゃダメ」というかむしろ「面白くてもダメ」ないくつかの原因 

→堀井雄二とこれからのゲームと(島国大和のド畜生)

上記ではゲームの二極化について、ゲームシステムや消費時間という切り口で語ってらっしゃるので、ここでは同じテーマにあやかりつつ別の切り口で「プレイヤーのn極化」と、その極の性質のために面白さと売上が直結しない(≒面白くても売れない可能性がある)構造になっているという話を。

個人的には、少なくとも需要側(※島国氏は供給側から書かれているので別の話ね)は、“ゲームで得られる体験の選択”や“ゲームに向かう態度”で二極化しているという印象はあまりない。もちろん“一切感じない”わけではないけど、2009年のソフト売上ランキングなどを見ても人気ジャンルは多岐に渡っているし、ゲームシステムの複雑さや必要消費時間もかなりバラエティに富んでいると思う。

じゃあ需要側の動向(≒売り上げ)を左右するウェイトの高い“極”はどこかというと、結論から書くというか結論しか書かないのだが、それは「ブランド」と「モチーフ」だと考えている。


■ブランドという切り口

前述URLの売上ランキングを見ると、シリーズ作品のナンバリングタイトルやスピンオフタイトルでほぼ埋め尽くされているのが分かる。もちろんこれは今に始まったことではないけど、ブランドタイトルに売上が集中する傾向は以前よりさらに高まった印象はある。

原因として考えられるのは、ゲーム産業が少品種大量生産から多品種少量生産にシフトしてきたことで品質の高低差が激しくなり消費者が冒険をしにくくなった点、また特定メディア(※必ずしも企業の報道機関だけではない)が多数決によって算出したレコメンドの影響力が高まったため、ノーブランドタイトルの票が分散して光が当たらなくなったためだろうか。

まぁブランドホルダーとしては、それを見越してブランディングに継続投資してきたわけだから、誰が悪いとかそういう問題じゃない。ついでにいうと、残念ながら他の成熟した産業を見渡す限りこの現象に歯止めをかける術はなさそう。


■モチーフという切り口

コミュニティには、帰属心と、コミュニティ内での地位向上を目的としたアイデンティティの固定・強化を促すために、当該コミュニティと親和性の高いスタイルをゆるやかに強制するという性質がある(←分かりにくい!)。たとえば、車の好きな人はスキーが好きだったり、ヒップホップの好きな人は帽子を斜めに被っていたり、ヤクザがパンチパーマだったりする、みたいな。そしてゲームにおけるスタイル=モチーフのことであり、プレイヤーという人間が選択する限り、選択時になんらかのバイアスが働くのは必然なわけ。

もちろんこれも今に始まったことじゃないけど、ネットワークの発達で自らの属するコミュニティを地域に縛られずに選択可能になったうえ選択幅も拡がってしかも細分化したから、以前よりもさらにモチーフは厳選されるようになった。

そうなると、強いのは人気ブランドが収束していくのと同様に、多数派の属するコミュニティがゆるやかに強制してくるモチーフ。まぁ言い切ってしまうとファンタジーとかってことになる。SFとかロボットとかっていうのがイマイチぱっとしないのは、多数派の属するコミュニティの美意識に相反するモチーフだからなわけですな。


####


上記2点は、ゲームだけじゃなくて漫画でも政治でもなんでもかんでも同じ構造だから結局“だから?”っていう話に過ぎない。仮に前述のような極化にアンチを唱えるなら――打開策は文中に含まれているのだが――結論からいうと政治などと同様に制作者/消費者の一人ひとりが変わるしか方法はない。で、現在一人ひとりが変わるためのモチベーションやインセンティブがほとんどの人の中に存在しないから、ほとんどじゃない方の人達が絶望しているっつー話で。

とはいえ、個人的に“美意識のシフト”は、何かをキッカケに劇的に、そしてあっけなく起こるのではないかとも考えている。まぁまったく根拠のない希望的観測なんだけど、むしろそういったシフトを促すような作品を作るというモチベーションなどを駆使して、制作者の方にはがんばってほしいなと影ながら応援したり遊んだりする所存、みたいな。

ちょっと本文とタイトルが微妙にズレた気もするし、当たり前のことをさもそれっぽく書いただけのような気がするけど、まぁよかろうもん。まだ1月だし、私が頑張るのは来年からだしな。


##ちょっと眠いので、推敲はなしで……
2010-01-05 

禁煙に必要なパラダイムシフト(弱者バージョン) 

タバコ中毒者に禁煙の効能や喫煙継続の危険性をいくら説いても無意味だ。異論は認めない。まず大前提として、無意味なのだ。

タバコ中毒者によるタバコへの執着は、身体の欲求を超越し、論理を遥かに凌駕しつつ野を越え山を越えダンディズムを超えて精神の領域に踏み込んでいる。そう、もはや美意識の問題なのだ。タバコ中毒者は、ジェダイよろしくタバコと共にあらんことを望んでいるだけなのだ。

裏を返すと、タバコ中毒者に必要なのはニコチンではなく喫煙者というレッテルであり証である。自身のパーソナリティからタバコが消えることへの恐れを払拭するアイテムである。ニコチンパッチよりタバコキーホルダーが、電子タバコよりもタバコステッカーが必要なのだ。

これが私の提唱する次世代の禁煙理論である。

「禁煙2.0」とでも命名しよう。

ありがとうございました。


~追記~

吸いたい。
2010-01-01 

ポマイラあけましておめでとうございます 

朝生で田原氏の共産党おちょくり芸とその破壊力に拍車をかける穀田氏のマジギレを心行くまで堪能していた元旦直後(現在7:20)。せっかくなので2010年の抱負などをウィットに富んだ駄文でお伝えしようと思ったのですが、基本的に私自身は「2011年から頑張る」所存ですので、当クソブログを「ですます調にする」ぐらいの指針変更にとどめておきたいと思います。

そんなわけで、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。

私もポマイラのお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。

今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。

ポマイラの益々のご健勝をお祈り申し上げます。

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。