-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-31 

松本人志の放送室を聴いていない人のためにピンポイントでトリミングしてあげる。「坊主にすれば分かる」 

松本人志の放送室 「坊主にすれば分かる」


→Up済みの放送室トリミング一覧



スポンサーサイト
2009-05-28 

本当のことを言わないという嘘 

代替エネルギー関連のドキュメンタリーを見ると腑に落ちないことが多いのはなぜだろう?

本日見たのは、バイオマスエネルギーとして、間伐材の木くずを利用するという番組。その番組内でしきりに「CO2の削減」を強調するのだが、すべてが企業か企業内の特定工場からの視点で語られるのがとても気になった。たとえば「○○工場では○%のCO2削減に成功しました」みたいな。

あそうそう、この番組↓
→クローズアップ現代「新たなエネルギー“木くず”でCO2を減らせ」(NHK)

じゃあ削減するために排出した、そして代替エネルギーの利用を決めたことで今後“工場外”で排出されるCO2(バイオマス素材の輸送費などなど)はどれくらいになるの? というマクロな視点でみたCO2排出量が一切語られないことに違和感がある。もしそれらのデータが、エネルギー切り替え前のCO2排出量に対して十分に無視できる程度の大きさなら胸を張って語れるだろうに、語られないから故意にデータを隠蔽していると勘ぐってしまう。「“本当の事を言わない”のは嘘と一緒だぞ! ぷんぷん!」と憤ってしまう。

だいたい「CO2排出量を“0と数えること”ができます」というレトリックを弄するのがおかしい。いや、「カーボンニュートラル」(※)のことを言ってるってことは分かる。でも――机上に空論とまでは言わないまでも――現状のエネルギー効率の低さとか、輸送費の増加や設備増強を考えると環境への負荷は決して0でないということはみんなが知ってるわけで、その説明がないってことは騙してるのとまったく同じじゃないの? と(つーかカーボンニュートラルなんて知ってるやつの方が少ないべ)。だから「そこまでして公共の電波で恥も外聞もなく人を騙そうとするとは、どれほどおぞましい悪意を持った人間が制作に携わっているのか!うわー!」などと思ってしまうのだ。

※ライフサイクルの中で、二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロになること。これそのものが信じがたいけど。

まぁ企業の視点からすれば、自分とこの――見かけ上の――CO2削減が達成できて、化石燃料のコストが削減できればオールOKなのは分かる(コスト削減は一時的なものだけど。バイオマスの燃料素材となる有機物は需要に敏感に反応してコストが増すはず。そのうち国内だけでは絶対量が少なすぎて賄えなくなるから輸入に頼ることになろう。さぁそこで海外の陰謀説についてですが……って、それはいいや)。むしろそこは営利団体として当然の帰結だからどうでもよくて、それらを俯瞰して報道しないのが問題というか私の発火ポイントなのだ。ぷんぷん。

というか「新エネルギーを啓蒙しつつそれが本末転倒にならないように警鐘を鳴らす」という構成の方が、内容として高尚だし単純に面白いべ? にもかかわらず程度の低い単純な構成だから腹が立つんだなー。うん、腹立つのはそこだ(納得しました)。
2009-05-26 

人が作ったものをとやかくいうのは気がひけるが 

→映画『スター・トレック』オフィシャルサイト

日本語版のTVスポットCMのクオリティに愕然とした。愛情も思い入れも広告に必要なインパクトも一切感じさせない致命的な構成。そして最も重要な、本作が壮大なスタートレックサーガの最新劇場版であることもまったく感じられない。大した広告予算もないだろうに、最もコストのかかる媒体で使用するプロモーション素材がこれとは……。落胆でメシがノドを通らない。
##ハリボテだったサイト自体は多少改善された模様。がんばったね。

なぜもっと「スタートレック」であることを強調しないのか? かつてエンタープライズシリーズで、シーズン途中から急遽「STAR TREK」のロゴを入れたのを、そしてその理由をもう忘れたのかな?(まぁそれでもエンタープライズはこけたわけだが。ぎゃあ!)。忘れ去られた一発屋のお笑い芸人が、それでもなお同じ一発ネタを使い続けることで、かろうじて価値を維持できたり再発見の余地を残したりできるという事実をもう一度再考すべきだ。

……よし、決めた。

私はパラマウントに就職する。そして日本でのプロモーションを司り、スタートレックのユニフォームを着てバルカンサリュートを連発しながら通勤する。

雇ってくれないだろうけど。

2009-05-24 

業務連絡とMHP2G 

携帯が止まっているというか、止められている。
##先ほどメールを打とうとして気づいた。

ところで、すっかり忘れていた訓練所をプレイして今更ながら「剣聖のピアス」を入手したところ、ついにプレイのモチベーションが下がってきた(あ、MHP2Gの話です)。ここ数か月は主にソロプレイで、祖龍ガンスソロタイムアタックなどを遊んできたが、そろそろ私にとってのこのゲームのライフサイクルは終了かもしれない。まぁ十分過ぎるほど減価償却はしてるじゃろう。

MHP2G 心眼 罠師 ボマー ガード性能+1 根性
▲「剣聖のピアス」と「狩魂TシャツX」ですっきりとしたビジュアルが特徴。スキルは「心眼」「罠師」「ボマー」「ガード性能+1」「根性」。なんと武器スロットは必要ない。祖龍ガンスソロに、これ以上いい装備は思いつかない。向かって左側に写りこんでいるのは私の手。ハンドとも言う。

MHP2G 心眼 罠師 ボマー ガード性能+1 根性
▲通常はガンランスでガンを使わずに遊んでいる。その時の装備は、もちろん見た目上Tシャツを利用するので、「斬れ味レベル+1」「罠師」「回避性能+2」(「捕獲の見極め」のTシャツでもいい)。全クエストこれでおけ。


そういえば、もうみんな知ってるだろうけどこれも貼っておこう。

HUNTER BLADE 獵刀


MHシリーズ(Age of Empireもそうだな)特有の「パープー」までパクっているのが面白すぎる。そしてほとんどのモーションとサウンドエフェクトをそっくりそのままパクりつつ、ところどころで微妙に変更が入っているのは良心の呵責か?(それともそちらの方が良いと考えた開発者魂か?)。間違いないのは、ギャグセンスは抜群だということである。

潔いとしか言いようがない(カプコン非公認)。やっぱり人口が多い国は海外マーケットの競争に参加しなくても内需で食っていけるからこういうことができるんだろな。ある意味必然というか、トレードオフとして損してる部分もあるだろうから、目くじら立てる必要も実はないような気がする。


~関係ないけど~

新PCについてきたFaithのキーボード(それなり)を使っていたのだが、以前エレコムわけありショップで買った激安パンタグラフキーボード「TK-U89MPSV」に変更。やはり打鍵感が良い。

この打鍵感の良さをどう表現してよいのか分からなかったが、「キーを沈めたとき、指が机にぶつかる感じ」というのが最も近い気がしてきた。元々キーボード自体が薄いからストロークも小さくて疲れないし。私は握力が――理由は不明だが――小学生並みに弱いから、長い原稿を書こうとするとこの恩恵が大きいのだな。

全文を表示 »

2009-05-21 

日本のアニメってそんなにすごい? 

(なんだこの釣りっぽいタイトルは。笑)

ここ数年、Peercastなどで動画配信視聴を楽しんでいるが、「モンスターハンターをプレイしながらアニメをながら見」みたいなチャンネルとの遭遇率が高い。そこで気になるのが、それらアニメのクオリティが一様であること。

率直に言うと“一様に低くてまったく面白くない”わけだがそれは個人的な感想なのでさておき、かつてアニメーターが低所得だなんだと騒がれた時期があったが、冷静に自分のアニメへの評価を省みると「妥当」の二文字しか浮かんでこない。その所得に関するあちこちの言及を調べてみても、「いやぁ、そりゃ生み出されたコンテンツにパワーがないからでしょ」という意見が少なくてびっくりしている。

ただ、それら私が「超つまんねぇ」と評したアニメ群(名前列挙したいけどタイトルが分からん)について漫画家さんに意見を聞くと、作画技術はとても高いらしい。それを考えると、世間のアニメに対する評価として「制作技術」と「コンテンツのパワー」とが混同されてるんじゃないかな、とつい思ってしまう。そもそも「これすごい!」と思ってDVDを買って手元においておきたくなるようなアニメが何本ある? という話である。

仕事の量や質がどのようにお金に換算されるかは成果物で判断されるという、当たり前のことをいまさらながら書いてみるという。そして、自分がアニメーターだったら、ながら見されるようなアニメを作りながら「給料安い!なんとかしろ!」とは言えないなぁと思った次第。

ちなみに言っておくと、私は「アニメが好き」ではなくて、「好きなアニメがある」というアニメファンの一人であります。

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。