-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-30 

業務連絡 

本日、自宅に携帯電話を忘れました。
あと、財布に1000円しか入っていません。

##来週の出張費用をまかなうために、
##デジカメをヤフオクに出品しようとしている私

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
2007-11-27 

あ、そうそうMHP2Gだけど 

そろそろ予約ができる。ポマイラは完膚なきまでに私のアフィリエイトIDの入った下記のリンクからAmazonを利用するとよい。さすればちゃりーんと私にお小遣いが入り、たばこ代ぐらいはまかなえるという寸法である。たばこ代ぐらい出せポマイラ。

B000WD6YZUモンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン 2008-03-13
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る

あとMHP2すら未遊の人は、

B000GWKY9Yモンスターハンターポータブル 2nd

カプコン 2007-02-22
売り上げランキング : 156

Amazonで詳しく見る

こちらも買え。MHP2Gへのデータ引継ぎは95%ぐらいあるらしいから、先に遊んでおいて損はない。

しかしこちらはたばこ代のためでなく、主に私と遊ぶために。


##禁煙終了したからサイドバーのスクリプト外さねば。めんど。
 
2007-11-24 

スト2激ヌル対戦(私と同居ブタのキモい声入り) 

相当ヌルい対戦だが、まぁテスト的に(編集に使ったPowerDirectorの体験版ロゴがついているあたりがかわいらしい)。



使用ソフト:ハイパーストリートファイターII(PS2)
1P:リュウ(同居ブタ。昇龍拳があまりでない)
2P:ガイルとか(私。強Kボタンなし)
 
2007-11-16 

これをこそまっていた 

■MHP2Gティザーサイト
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/P2ndG/contents05.html

MHP2G オトモアイルー

オトモアイルー!

##あとは引継ぎの件だけだな……。最初からはさすがに無理だぞ……。
2007-11-13 

まぁ日記ですな 

誰にともなく私の日常を報告する。これがこのブログの存在意義である。

……という具合に、面白いエントリを書けない言い訳を前置きとしつつ、やはり私の日常を一つ。


■MHP2
そう、まだやっているのである。P2を。というのも、MHP2Gの発売が2008年3月に決定したうえ、それに伴って同居ブタのP2熱が再燃しているからである。私は私で、P2GはP2のデータを9割引き継げるというカプコン辻本氏の言葉を鵜呑みにして、せっせと武器をこさえたり、素材をかき集めたりしている。武器は主にハンマーである。

しかしこのハンマー、一般的には“上級者向け”とされているが、使えば使うほど中級者にこそおすすめな気がしてくる。すべての近接武器のDPSが同じだと仮定すると、攻撃回数の少ない方が生存確率は増すだろうし、一撃の攻撃力が高い方がモンスターの“ひるむ”回数が多いからである。いやほんとに単純な話ね。

またハンマーは、スタミナ消費の溜め攻撃を基本攻撃として利用するため、あらゆる攻撃モーションがスーパーアーマーとなる。少々の攻撃や風圧を無効にして敵に迫れるのはかなり有利だ。つか頭使わねぇ。そもそも溜め攻撃のタイミングなんざ、クックと2、3回戦えば慣れるべや。いやまぁ、ぼかぁ下手ですけどね。


■太鼓の達人 ぽ~たぶる
もらいもの。私は本作の収録曲「どん子のファーストデート」の大ファンであり、先ほど見事に音楽を録音して個人利用の範囲内で楽しんでいる。なお、どん子は太鼓の達人の主人公である和田どんを追って田舎から上京してきた太鼓の女の子という設定である。あ、どうでもいいですか。ん、いや、太鼓の女の子というより女の太鼓の子か。あ、これもどうでもいいですか。

太鼓の達人 ぽ~たぶる どん子
▲左から、和田どん、和田かつ、どん子


■本
相変わらずまともな本を読んでいない。今週読んだのは、「パーキー・パットの日々」(フィリップ・K・ディック)と、今更ながら「麻雀放浪記」(阿佐田 哲也)の青春編と風雲編。あとはWebの本を三冊。「パーキー~」はショート・ショートライクなお話を詰め合わせた短編集なのだが、同じく作品集であり既読の「ペイチェック」と話がかぶり倒していたのでほとんど読み飛ばした。金返せ。


■EQ2
今日からクナークくんじゃねぇの!? どうしよ。
2007-11-10 

私の周りはブタだらけである 

私には4匹のブタの友人がいる。

このブタ共は今後も当ブログに登場しがちな気がするので、ここで改めてご紹介しておきたい。

■ブタ氏
私の同居ブタ。私と同じ京都府舞鶴市生まれで、中学校の同級生。紆余曲折があっていっしょに住んでいる。特徴は蒸れ防止のために履いている指の分かれた靴下。ついでにいうとバツイチ。そしてブタであること。

■白ブタ氏
元同僚のブタ。理論派でキラリと光る頭脳を見せる上にそこそこ行動力があり、「戦場の絆」やレトロゲームの集まりなど、私を私の興味のないイベントに誘いがち。2006年の東京ゲームショウ以来1年振りに会ったら、体がモコモコと一回りでかくなっていた。ブタが。

■死ブタ氏
元同僚であり、執筆業関係の大先輩ブタ。毎日欠かさず「死にたい」といった内容のメールを私に送りつけてくるのが特徴。面白い原稿を書かせたら右に出る者は思ったほどいない気もするが、躁鬱が激しい上にいい歳こいて独身であり、最近では加齢臭および加齢とは無関係の体臭を気にしている。

■ブー氏
東京へ出てきて最初に就職した会社の先輩ブタ。ほんとはブタと書きたいが、一応先輩であるという部分に配慮している。口を開けば「部屋が本棚に圧迫されて何も置けない」とのたまっている割には、無駄にスペースをとるポップンミュージックの専用コントローラを購入して日夜特訓に励んでいるらしい。


なぜ私の周りはブタだらけなのだろうと疑問に思ったので、取り急ぎまとめておいた。
 
2007-11-09 

ちょっとまてまておい! 

この右カラムの見出しの付け方はなんだ!?
不謹慎過ぎるだろ! いい加減にしろ!

■3歳男児、通りがかりの男に首を切り付けられる…札幌(読売新聞 - 11月09日 18:13)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=336070&media_id=20

mixiの右カラム

「3歳男児 突然男に首切られる」

これじゃ見た人が首を落とされたと思うだろ!

「3歳男児 突然男に襲われる」

これでいいだろう! 切られた部位は詳細で語れるだろう!

狙ってるのは分かるし、クリックさせたいのは分かるし、上記のように変更することでありふれた事件に見えてしまうのも分かるが、いくらなんでもこの事件性の高め方は不謹慎過ぎる。 

みんなもっと怒れまじで。
とくにマスコミに関わってる人間は。

オメーラも同罪だぞ。

##言い出したらキリがないけども、言わなくなったら終わりでしょ。
##これ、mixiの運営元にメールすりゃいいの?
2007-11-04 

読書メモ 

いまさらこんなクソブログで書評を書くのもバカバカしいので、読了したおすすめ本のメモを。

4042823017ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)
ドン ウィンズロウ Don Winslow 東江 一紀

角川書店 1999-05
売り上げランキング : 207511


著者は、“二ール・ケアリーシリーズ”こと「ストリートキッズ」からの連作で(一部では)名高い(かもしれない)、ドン・ウィンズロウ。今回も内容はもちろん、ウィンズロウの訳書を一手に手がける東江一紀氏の翻訳が秀逸過ぎる。東江氏風にいうと、「すんげえ」。

「その昔、われ、若き船乗りなりしころ、スループ帆船の二等航海士として、南海を勇壮に進みぬ。あたかも純然たる遊覧船のごときその船に、われらが積みし荷といえば、何を隠そう、お上の不興を買うこと必定の品。港にて、はたまた洋上にて、ひとたび呼び止められ、吟味を受けし折には……いわんや、海賊ばらに遭遇せし折には――」

物語はメキシコとカリフォルニアをまたいだお薬のお話。涙したのは一箇所で、吹き出したのは数十箇所。没入し過ぎて南武線で東京を南下中に武蔵小杉駅を乗り過ごし、やむなく降りたひと気の少ない駅をとぼとぼうろつきながらあまりの自責の念に耐え切れず禁煙の貼り紙の前で喫煙してやった。ざまあみさらせ。

といった感じの本。そこそこおすすめ。
2007-11-04 

昼休みの風景 

職場の近くの広場にて。

広場

モリモリと飯を食うOLと死後硬直を始めそうなおっちゃんとのコントラストが美しい。
絵ヅラは汚いが。
2007-11-01 

ひょんなことから洗濯を始めてしまい 

寝られないので、ほしいPSPのソフトを列挙しておく。

B0009W1QCA太鼓の達人 ぽ~たぶる

ナムコ 2005-08-04
売り上げランキング : 3242

Amazonで詳しく見る

2005年発売のタイトルがなんでこんな高いの。しかもベスト版出てないし。ナムコオリジナルの名曲「どん子のファーストデート」で遊びたいから2じゃなくて1がほしいのだ。あとゲームミュージックメドレーにスカイキッドが収録されていたりして、非常に良い。


B000LINEUOルミネスII

キューエンタテインメント 2007-02-15
売り上げランキング : 887

Amazonで詳しく見る

ただ1が面白かったから。いまさらながら、これまでの落ちゲーで得られなかった没入感に感服している。へたくそなほど1度のプレイ時間が長くなるというよくよく考えれば当たり前の理にかなったデザインもマル。


そして途中だが寝る。

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。