-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-28 

USBコンバータ再び 

GAME Watchさんの不定期連載コーナーで、再びUSBコンバータの検証が行われている。

■PS3に使えるUSBコンバータを大研究 入力遅延や動作対応のまとめ(GAME Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070226/ggl.htm

実はUSBコンバータの検証そのものはあちこちで行われているが、コントローラの入力レスポンスを専用の機器を用いて客観的に測定する方法が確立されていない。そのためこういった類の記事は著者の主観頼りとなっていることが多く、本記事も同様の体裁となっている。

そして主観頼りの記事は往々にして著者の奮闘記が――記事の内容とは無関係に――メインコンテンツとなる。本記事でも、VF5のDOJOモードでアキラの提膝弾腿(K+G後、1フレームでGを離す)を2~3時間打ち込むなどの努力を見せている(欲を言えば、嘘でもいいから“半日”と書いてほしかったが)。

さらに「より複雑な操作として、『提膝弾腿、P、立ち白虎』をテスト」などと書かれているから、つい頬が緩んでしまった。さらりと書いてあるが、よくよく考えるとこれはかなりシュールなテキストである。“立ち白虎という単語が通じる人に向けて書かれている”というニッチ感もたまらない。やはりこうでなければ。

検証の前提条件や測定の精度はさておき、企画は良いと思った。なにより、私のニーズを満たしているという点が非常に良い。くるしゅうない。


~一部の方へ~
えーと、まだ☆3です。次はゲリョスです。
スポンサーサイト
2007-02-19 

MHP2はそりゃ遊びたいだろ。あとMMORPGについて 

B000GWKY9Yモンスターハンターポータブル 2nd

カプコン 2007-02-22
売り上げランキング : 1


「モンスターハンターポータブル 2nd」の発売が迫っている。あと3日である。本日なんかは、公式サイトでオープニングムービーが公開されている。

■モンスターハンターポータブル 2nd オープニングムービー(公式サイト)
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/P2nd/movie.html

モンスターハンターポータブル 2nd

##世界観とゲーム内容がひと目で分かる。わくわく感も高くて非常に良い。

うーん欲しい。この間から物欲ばかりだが、遊びたいのだからしようがない。たまには友人と、基本的には一人で黙々と遊びたい私としては、先週第1次クローズドβテストを終えたばかりの「モンスターハンターフロンティア」よりもこちらに期待している(あ、いや、あちらも好きだけど)。

これはすべてのMMOタイプのゲームに感じていることだが、どうやら私はサーバー側で情報を管理されるのを嫌っているらしい。理由は簡単で、ゲームのライフサイクルを提供元が握ることになるから。誰がなんと言おうと、やはり提供元の寿命がゲームタイトルの寿命になるというのはナンセンスとしか思えない。平然とまかり通っているのが不思議でしようがない(あ、でもゲームタイトルの寿命が提供元の寿命になることの方が多いか)。

単純に、好きなゲームはクリア(←便宜上)しても遊びたいでしょうと。でも提供元とゲームタイトルが一蓮托生だから、場合によってはプレイ中にゲームを遊べなくなるという、意味不明な仕打ちを受ける。というか、むしろ頻繁に受ける。例えば私なんかは、EQ1の日本語版を遊んでいる途中でとりあげられた過去がある(シングルプレイ限定でいいからEQ1を遊び続けたいと今でも思っている。気がする)。仕組み上しようがないのは分かるんだけど、そろそろなんとかなりませんかポマイラと、強く思う。

またこれはまったく別の視点だけど、MMORPGをCGMと捉えてみるとどうだろう。もちろんMMORPGのコンテンツといえば、グラフィックスやシステムやアイテムやイベントやGMやネットアイドル登場や公式サイト炎上やRMT騒ぎなんだろうけど、多人数の参加で成立することを前提とすると、個々のプレイヤーキャラクターも立派なコンテンツのはずである。

すると、MMORPGというものが、いかにコンテンツ生成プロセスの効率が悪いメディアかが分かる。だってサーバーに接続した状態でしかコンテンツの生成処理が行えないんだから。これはYouTubeのオンラインサービスを利用しないと動画の編集が行えないようなもので、データの生成スピードは遅いわユーザー側のメリットは(ほとんど)ないわ、CGMとしてはものすごく不完全なアーキテクチャだと分かる。

(ん、なんか話がズレてるな)

要するに、“データを持ち寄って遊ぶ”ってのは、トレーディングカードゲームしかりミニ四駆レースしかりビックリマンシール収集しかり、古今東西あらゆる遊びが持つ面白さであることは自明なわけで、その要素をアーキテクチャの都合で廃さざるを得ないMMORPGに「なんだかなぁ」と思うのである。別に、クレジットカードを止められてほとんどのMMORPGがプレイできないからひがんでいるわけではない。決して。断じて。ほんとに。たぶん。

~追記~
Amazonのカスタマーレビューより。

発売まであと四日まで迫ってきましたが、
はやくやりたくてたまりません!!
全作のデータがあると「良いこと」があると書いてありましたが、
僕の知っている情報は、

[プレイ時間(H)×100z] って書いてありました。

(確実ではないそうですのであしからず・・・)
早く強くなるために少しでも金が欲しいので、
バックライトOFFで音もOFFにして常に充電してますw

ま、まじすか?(;へ;
2007-02-17 

神神RAP2再販(補足)神神 

一つ前の日記↓の補足。

■神神神神RAP2再販神神神神
http://gueed.blog88.fc2.com/blog-entry-92.html

なぜいきなりアーケードスティックを欲しがっているかというと、いわゆるカプコン系2D対戦格闘ゲームをやる必要性がでてきたからである。もとい、やりたくなってきたからである。kailleraとかで。

というわけで“スティックコントローラ”を“PC”で使いたいわけだが、その場合はいくつかのハードウェア構成のパターンが考えられる。主なパターンは、以下の通り。

pt1:|コントローラ(PC用USB)|-------------------------|PC|
pt2:|コントローラ(コンシューマ機用)|--|USBコンバータ|--|PC|
pt3:|コントローラ(コンシューマ機用)|--|DPPコンバータ|--|PC|

パターン1は、USBコントローラをPCにじかに接続するパターン。実にスマートなんだけど、すでに持っている(たとえばPS2――プレステね――)などのパッドを使う場合、結局コンバータが必要になるから効率が悪い。差し替えも面倒だし。ちなみにこのパターンだと、コントローラの候補はバーチャファイター5と同時に発売されたHORIの「リアルアーケードPro.3」になるのかな。まだ評価が出揃ってないから、その辺は分かんない。

パターン2は、PS2やXboxなどのインタフェースをUSBに変換する最も一般的なパターン。USBコンバータはいろんなメーカーから発売されているし、実際ものすごくフレキシブルな構成と言える。しかし残念ながら、操作レスポンスが悪過ぎる。フレーム単位の入力が必要になる対戦格闘などは、とてもできない。さらに反応が遅いだけならまだしも“取りこぼし”(入力無視)が頻発するから、アクション性の低いRPG用としても、ちょっと及第点を与えられない。与えられないが、残念ながら今の私んちはこのパターン。

■JC-PS102Uシリーズ(ELECOM)
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/gamepad/jc-ps102u/

JC-PS102USV
##今使ってんのはコレ。いい製品なんだけど、アクション性のあるゲームはキツめな印象。モンスターハンタークラスでもストレスがたまった。もう少し性能のいいコンバータもあるらしいけど、遅延は宿命的らしい。

パターン3は、そんなパターン2の速度面を改善したものに相当する。DPPコンバータってのは、「Direct Pad Pro」というハードウェアとドライバ群の総称で、プリンタ用のパラレルポートを使用してコンシューマ機のコントローラをPCに接続する変換器を指す。厳密には、電源用にUSBも1ポート使うから、正味2ポートを占有することになる。

■PS-DPPケーブル[ DPP-PS2 ]解説(科学調査レポート)
http://www.3rd-sri.com/report/dpp-ps/dpp-ps.html

DPP-PS2
##こんな感じ。なかなかに官能的な姿である。

パターン3の欠点は、(1)DPPコンバータが多少入手しにくい、(2)プリンタ用のパラレルポートを塞ぐ、といったところ。まぁ最近のプリンタのインタフェースはたいがいUSBだろうから、(2)はほとんど気にならないはずだ。(1)も、量販店などで買えないというだけで、手続きがそれほど複雑なわけでもない。“ストレスの少ないゲームプレイ”を最優先として総合的に判断した場合、このパターン3がベターな選択肢となる。

というわけで、今回私はパターン3を考えている。そして既存のコンシューマ機用コントローラは、やはりPS2用のものをたくさん持っている。んで、じゃあPS2用インターフェースのスティックコントローラで今一番熱い製品は? と考えたときに、一つ前のエントリに書いたHORIの「リアルアーケードPro.2」が第一候補に挙がるのである。

■リアルアーケードPro.2(HORI)
http://www.hori.jp/products/ps2/controller/realarc_pro2/index.html

■リアルアーケードPro.2再販(HORI STORE.com)
http://www.horistore.com/shop/item_detail.php?id=316

いやぁなんというか、まじで欲しい。どうにかならないものか。

##HORI STOREの再販受け付けページは重すぎてまったく開かないのだが。
2007-02-16 

神神神神RAP2再販神神神神 

ウホッ! 本日18時、RAP2の再販スタートきた!

■リアルアーケードPro.2再販(HORI STORE.com)
http://www.horistore.com/shop/item_detail.php?id=316

リアルアーケードPro2

まじ欲しい……。限定です……、げげげ、げ、限定です!

(神よ……)
2007-02-15 

21世紀なのにコンビニのATMがやたらと遅い件 

家の近くにサンクスがある。そこの店長がヤンキーぽいとか、出入り口に猫がたむろしているとか、しかもその猫とヤンキー店長が時々しゃべっているとかはまたいつかどこかで語るとして、ゼロファーストのATMが遅いので非常に腹が立っている。

遅いと言っておきながらなんだが、まずその外観が許せない。イメージカラーの赤、これはゼロファーストがマルイグループであることの証明であり、私の天敵であることを意味している。機械の前に立つだけで足はすくみ、冷や汗がしたたり、ぽこちんが縮こまるだけでなく、勢い余って現金をダウンロードしそうになる。そうはいくかアホめ。私は今アクセス制限されてんだぞ。くやしかったら制限解いて限度額を上げてみろマヌケがなどと言いながらできるだけ我慢して使用するのだが、その機械の動作の緩慢なこと、尋常ではない。

速度面では、今でも奇跡的に私と仲良くしてくれている奇特な金融機関、三井住友銀行製ATMの足下にも及ばない。故障してるんじゃないかと不安になるほど立ち上がりは遅く、入力レスポンスなどは締め切りをブッチした私のMSNのレスポンス並に悪い。そして指がつりそうな配置のクソボタンを操作してさんざんイライラしながらやっとこさサーバー問い合わせまでたどり着いたかと思ったら「暗唱番号が違います」だと?


早く言え。


もう一度言おう。早く言え。私が憤死する前に言え。とりあえず金額を入力する前に言え。 おまえ明らかにおれの暗証番号を聞いただろ。なんならド最初に聞いただろ。じゃあそのあとの手続きは一体なんだったんだ? 暗唱番号を間違えたおれに何をさせたかったんだ? ん? なになに? トランザクションの単位でまとめて処理したかった? 知るか。なになに? ミッションクリティカルなシステムだから? はっはっは、死にさらせ。そんなもんおれならJavaScriptと漢字仮名交じり言語だけで全部書けるわボケが。しかもLSDキメてうばたまの絞り汁をしこたま飲んだあとWiiリモコンをねじ込んだセガマークIIIをPC代わりにしてスカイダイビングしながら書けるわあんぽんたん。まったく許せんマジ時間返せこのウンコ。三十路手前のこの大切な青春をなんだと思ってるんだタコめ。バカにするなイカが。

あ、あとあれだ、現金出すときのピーピー騒がしい音も頼むからやめてくれ。おまえそれ明らかに警報だろ。みんなが振り返ってんじゃねぇか。恥ずかし過ぎる。おれは犯罪者か? なんで金おろしたらサイレンがなるんだよ。しかもなんで店員まで振り返ってんだ? おまえだよそこのおまえ。おまえ四六時中この音聞いてんだろが。いい加減に慣れろカス。

しかも、残高ほとんどねえじゃねえか。ひどすぎる。
2007-02-12 

「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見る 

B000J6HYOAレディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
ポール・ジアマッティ M・ナイト・シャマラン ブライス・ダラス・ハワード

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-01-26
売り上げランキング : 866

--Amazonより--
舞台は、多種多様な人々が集まるフィラデルフィアのアパート。日々仕事をこなすだけの人生を送るアパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)は、ある日突然プールに現れたひとりのレディ(ブライス・ダラス・ハワード)を発見する。彼女はどこから来て、何を伝えに来たのか?

※“ひとりのレディ”って……。誰が書いたか知らないけど、そこまでタイトルを踏襲しなくていいんじゃないの?(笑)

インド生まれのクソぼんぼん(医者の息子)ことM・ナイト・シャマランが、性懲りもなくただ作りたいものを素直に作っている。いつまでおまえの評価をペンディングにしておけばいいんだと憤りながらも、★4を進呈。だって、す、す、すすす、好きなんですもの。

彼の映画は常に突っ込みどころが満載である。しかも、その突っ込みどころが計算されたものなのか、テーマと関係のない部分をできるだけ端折った結果なのかの区別がつかないから困る。さらにそれがお家芸のようになっていて、自らをシャマランファンと自覚しないと映画に対してまともに向き合えないから始末が悪い。なんつーか、“とってもおいしい料理が食べられるんだけど、お店がボロボロ”みたいな。いつも、お店に入るのに勇気がいるし、他人の目も少し気になる。

まぁ上記のようなシャマランの様式美をすべて差し引いたとしても、見どころはある。ネタバレしたくないので書かないが、とくに中盤の小クライマックスなどは個人的にも大好きなテーマを扱っている。どのシーンも「伏線伏線また伏線、フタを開けたらほとんどフェイク」といった彼らしい手法で、ぐいぐい引きこまれた(むかつくけど)。もちろんシャマラン映画特有の透明感のある映像も健在である。そして言わずもがな、私は主演のブライス・ダラス・ハワードを愛している。

なお上で“中盤の”と書いたように、この話にはテーマとクライマックスがそれぞれ二つずつあるように見えた。別にいいんだけど、ちょうど「フルメタル・ジャケット」のようなトリッキーな構成になっていて、見ている側が息継ぎの場所を間違えると、鑑賞後の脱力感が増すんじゃないかな、という印象だ。

あー、作ってて楽しいだろうなぁ。


~業務連絡~
電話が止まっているのでよろしく(火曜日復旧予定)。ちなみにauは、止まっている携帯電話宛てにメールを送ると“存在しないアドレス”と同じエラーが返る。これって“退会”と同等の扱いってこと? だとしたら、かなり配慮に欠ける措置と言える。とても21世紀のサービスとは思えない。

なお、これを聞いて「じゃあ止まる前にちゃんと金払えよ」などと異次元の意見が思い浮かぶような人とはおそらく友達になれないので、その辺りはよろしく。
2007-02-09 

バナー広告のここがイヤ 

ウェブサイトやアプリケーションに表示されるバナー広告。これまでも「うーん邪魔かな」とは思っていたが、最近はその邪魔さ加減に我慢ならなくなってきた。いや、表示されること自体は別に構わないし(しかも私に言われる筋合いはないだろうし)、大量のバナー広告のあるサイトやアプリも全然気にしない。

でも、一つお願いがある。

……クリッカブルにしないでほしい。

Windows Live Messenger

たとえば「Windows Live メッセンジャー」なんかはこんな風に表示されていて、下方のバナー部分はやっぱりクリッカブル。

いや、分かる。そうしたい気持ちはホントに分かるし、ごく一般的な手法であることも分かるんだけど、これってユーザーにとっては明らかに“操作の”邪魔だよねぇと。実はこれ、「ウィンドウの余白をクリックして当該ウィンドウをアクティブにする」という、Windowsの操作セオリーを完全に無視している。よくよく考えてみると、めちゃくちゃ適当である。

問題は、このバナーがこの部分で「クリックしてください」とユーザーにアフォードしながら存在することに対して、どれだけの人間が関わったのか、また知恵を絞ったのか、というところ。突き詰めればこれはインタフェース設計担当者の責任領域だけど、設計者がなにも考えずに今の姿になったのと、政治的な勢力と徹底的に抗戦したあげく、苦肉の策としてこうなったのとでは天と地ほどの違いがある。

なんとなく想像した感じだと、インタフェース設計者も「まぁここはこれぐらいの枠を用意して……」程度にしか考えてないような気もするけど。

以上、バナーの置き方一つでも、見ている側を唸らせてほしいなぁという粋なワガママのようで、その実は、私が間違えてバナーを押しまくるので腹が立っているだけでした。


~おまけ~

CSS 萌え絵

CSSで良い写真が撮れたのでどうぞ。
2007-02-06 

就寝直前と起床直後は曲の元ネタに気付くほど冴えている 

チャプター先生の配信を待ちつつトイレで唐沢俊一の「クスリ通」を読みながら踏ん張っていたら鋭痛と共にとても硬いうんこが出て「ん?これはいったか?」と恐る恐るトイレットペーパーを肛門にあてがったら案の定うっすらと血が付いていてゲンナリしている。でも、こんにちは。

■チャプター先生の配信
http://gueed.blog88.fc2.com/blog-entry-87.html

今日は朝起きるとき、大変なことに気づいた。

その昔、奥田民生が作曲した「Mother」(パフィーも歌っていた)の出だしの部分の詩って、「およげ!たいやきくん」のパロディなのな。


・「Mohter」
毎日毎日 ぼくらは一般(いっぱん)の 退屈ばかりが 嫌にもなっちゃうよ

・「およげ!たいやきくん」
毎日毎日 ぼくらは鉄板(てっぱん)の 上で焼かれて 嫌になっちゃうよ

全然気付かんかった。それにしても、なんてえげつないパロディなんだ。

なんで今まで気づかなかったんだろうと思うし、なんで起床直後のあのタイミングで(しかも今さら)気づいたんだろうとも思う。就寝直前に面白いアイデアが浮かぶことは多いが(翌日改めて検討するとたいがい小寒いアイデアであることが多い)、起床直後は頭が冴えているのだろうか? そういわれてみればそんな気もするので、今度、起きなりにカウンターストライクをやってキル数を計測してみよう。

しかしよく考えたら、気付かない方がアホっぽいかも。

いずれせよ「Mother」は、今でも超ヘビロテの大好きな曲である。パフィー版も良いし、奥田民生のマキシシングル「月を超えろ」に収録されているアコースティックバージョンも良い。

さて、死のうっと。
2007-02-04 

この世にはアホ(≠バカ)がたくさんいてうれしい 

昨日は朝から晩まで、元職場の先輩でポップンミュージックフリークのブー氏とPeercastの配信動画を見ていた。

とくに二人で注目していたのは、chapter先生の「chapter ch」。大先生はクソゲーと名高く、ほとんどドラクエのパクリで構成されていると評判で、単調な戦闘の割に敵との遭遇率が異常に高いためフィールドを歩いているだけでプレイヤーには極度の負荷がかかるであろうと見受けられたRPG「ホワイトライオン伝説」(FC/ケムコ/1989年発売)をプレイされていた。

■どこかのファンサイトにあった説明
http://members.at.infoseek.co.jp/oka9/whitelion.htm

ホワイトライオン伝説

RPGなのだが経験値という概念はなく、レベルアップを始めとするすべてのキャラクター成長要素をフィールドに落ちている宝箱が握っているという極めてエッジの立った仕様だが、牧歌的なBGMとソフトの出自そのものも含めた謎の多さから、見ている分にはそれなりに面白そうだった。

女の子が土曜の真っ昼間から「このゲームは売買の概念がないんだよね。ん? キタかっ!? おーいHP低いから超使えねぇなこの精霊。つかまた精霊かよ。アイテム欄圧迫するからもういらないのに捨てられもしねぇ。まぁいいや。打開への道は見えた」などと言いながらレゲーをプレイしている姿に、私はやはりアホ(≠バカ)が好きだと思った。
2007-02-01 

Peercastを簡単にぜひ 

部屋干しの洗濯物が異臭を放っているため困っている。部屋はファンヒーターでカラカラなのに、乾燥速度が遅いのでとてもイライラしている。「柔軟剤を使うか部屋干し用の洗剤を使え」というのは百も承知なので、すでに臭くなってしまった場合の対処方法を教えてほしいなといつも思っているのに誰も教えてくれない。くそが。

ところで、ゲーム会社の友人が送りつけてきた「バトルフィールド2142」が面白い。

■バトルフィールド2142まとめページ(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/DataContents/game/2939.html

バトルフィールド2142 01

実は前作「バトルフィールド2」はちょこっとしか遊んでいないので比較ができんのだが、人間と兵器の分業がさらに明確化されているような印象を受ける。これはビジュアルも性能もグッと人間離れした(元々人間じゃないけど)搭乗兵器のためかもしれないが、“2”あたりから強化されている一兵卒感がさらに高まっている。

バトルフィールド2142 02

あとプレイし続けることで次々と装備がアンロックされていく「昇進システム」はやっぱり良い。ランキングサーバーで遊ぶ限りは個人スコアを含む対戦データが蓄積されるので、野鯖でも十分に自分のプレイの文脈を作り上げることができる。まぁこういった要素はあって当然なんだけど、実装しているFPSは意外にすくない。「えらいねぇ」という感じ。

惜しむらくは、私のPCはスペックが低くて、グラフィックスクオリティをかなり下げないとまともに戦えないという点である。ゲーム業界人の端くれとしてこんなことで良いのだろうかと常々悲しんでいるのだがどうにもならない。でも、そろそろなんとかなんねぇかなまじで。

ちなみに最近は、Peercast(P2P方式のインターネット放送用ソフトウェア)で配信されている他人のゲームプレイを鑑賞することが多い。ここで紹介したBF2142なんかはかなり旬のソフトなので、「THE IDOLM@STER」や「モンスターハンター」など共に頻繁に配信されている。昼間でもたいがい一人はマイクでガーガー叫びながらプレイしているので、興味のある人は見てみるといい。

と言ってもPeercastを知らない人や知ってても使ったことのない人が多いと思われるので、以下に超簡単に使い方(Windowsのみ)を書いておく。

1.ココからPeercast本体をダウンロードしてインストール
2.ココからパッチ(じゃないけど便宜上)をダウンロードしてインストール
 ※解凍したファイルをPeercast本体に上書きコピーするだけ
3.ポート7144(Peercastがデフォルトで使用するポート)を解放
4.Peercastを起動
5.ココココ(の「KP Ch Index」)で見たい配信を探してPlayをクリック

以上。

設定? いらね。つか後でOK。デフォルトで起動しないかまたは接続がうまくいかない場合は、下記のリンク先を参照すべし。私が書いたのはこれの簡易版なので。

■秘密基地GAMES Peercast紹介ページ
http://games.himitsukichi.com/of/jsp/playfield/peercast.jsp

あ、もちろん体験版もあるですよ。それなりのPCと元気のある人はドゾ。

■バトルフィールド2142体験版(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/patch/demo/bf2142/bf2142.shtml

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。