-------- 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-22 

「書く」マーケティング 


ゲームの原稿はめっきり書かなくなった代わりに、ウェブサイトや紙媒体でセールスライティングをすることが多くなった。モノやサービスを紹介するのにゲームもクソもないが、短い文章でセールスに直結するキャッチコピーや紹介を書くには、やはりレビューにはない“あざとさ”を含むノウハウが必要になる。

そんなわけで、もともと文章読本が好きなこともあり、ここ数ヶ月は実践的にコピーの量産方法を体系化してくれる本を片っ端から読んでいる。本書『「書く」マーケティング』もその一冊。

この本の目標は、誰でもコピーが“そこそこ”書けるようになること。あくまでも書くことに対して一種のアレルギーを持つ人たちに、「ライター使うとお金かかるし、コピーぐら書けてもいいんじゃない?」「最初はモノマネで十分」というスタンスで、コピーライティングの手ほどきを行う。本書自体も努めて軽妙なタッチで書かれていて、とても読みやすい。2時間ほどであっという間に読んでしまった。

内容も、コピーとして書くべき要素を、センスではなく論理で導き出そうとしているため、初心者でもとっつきやすい。とくに、素材を前にしてコピーを確定するまでのプロセスを下記のように時系列でマニュアル化している点は、とても参考になった。
コピー作成の7ステップ
(1)セールスポイントをピックアップする
(2)ターゲットを明確にする
(3)ターゲットに合わせてセールスポイントを絞り込む
(4)どのようにつかむかを考える
(5)語呂(リズム感覚)をチェックする
(6)サブを組み合わせて言葉足らずを補完する
(7)第三者のチェックを受ける

そして上記の各工程の進め方が丁寧に解説される。どのステップも実用的だが、とくに(4)のつかみに関する七つの法則が、本書の真骨頂だろう。

たとえば「エッ?の法則」では、「2×2=8」と書いて「ににんがよん」とフリガナの付いた看板のカレー屋さんがなぜ目を惹くのかが、同様の手法を用いた有名なコピーと共に解説される。

ね、おかしいでしょ。
私もこの看板を初めて見たとき、頭の中が混乱しました。

もしこれが「2×2=4」に「ににんがよん」のフリガナだったとしたら、「変わった名前のカレー屋だな」くらいで、わざわざ中に入ってみようとまでは思わなかったでしょう。

実はこのような例は至るところにあります。
TVCMのコピーでは、キューサイの青汁の「マズイッ!もう一杯!」がそれ。「マズイのにもう一杯ってどういうこと?」って思っちゃいますよね。


そのほか、つい「私のことだ!」と思ってしまう「ドキッ!の法則」や、マイナスポイントをプラスに変える「ホンネの法則」など、誰でも当たり前のように目にし、インパクトと効果を感じているものをキチンと分析して再利用可能なテクニックに落とし込んでいる。

実はこの手の手法はもう随分と前からキチンと体系化されていて、セールスライティング系の書籍を手にとれば大抵書いてあるイロハのイにあたる。ただそれを短い分量で、平易に、それこそこの本そのものにコピーのテクニックを駆使して興味深く読めるようにしている点が、本書の優れている点だ。

初心者には“気付き”を、中級者にはシンプルな体系化のパターンを与えてくれる良書。セールスライティングに関係なく、プレゼンテーションやちょっとしたメールにも応用できる小手先のテックニックが満載なので、社会人全般におすすめ。
スポンサーサイト
2006-06-20 

ワールドカップ:一級戦犯「高橋陽一」 


2006FIFAワールドカップ「ガキの使い」の裏で放送していたくせに視聴率がド級だったらしいドイツワールドカップ「日本vs.クロアチア戦」。たまたまガキの使いがハイテンションの総集編だったので、しぶしぶ大はしゃぎしながら観た。

勝敗はさておき、両チームの繰り広げる一進一退の攻防と大黒の顔は面白かった。「勝てる試合だった」との声が多いが「負けない試合でもないだろ」と思っていたので、まあこんなところだろう。過大評価していたせいでがっかりしている人にメディアとメタ情報のパワーは伝わっただろうか。無理か。南無。

明くる日の職場もその話題で持ち切りだったわけだが、「戦犯=柳沢」と言う論調は同意しながらもつまらん。柳沢がダメなことは常に申し訳なさそうな彼の顔見れば一目瞭然である。あれは男前かもしれんが「あかん子」の顔だ。

というわけで誰に頼まれたわけでもなく、常々叫ばれている代表の決定力不足に対するスケープゴートを探していたらコイツがいた。「高橋陽一」。

つまり日本代表の決定力不足の原因を作ったのは、中田を始めとした我々70年代ボーイズがバイブルとしていた「キャプテン翼」、そしてその作者である高橋陽一氏だという理論である。
作中で南葛中のゴールデンコンビである翼きゅん岬きゅんのレギュラーポジションがMFだったせいで、私と同年代の童貞のほとんどが"指令塔"という甘美な響きに憧れるようになったはずだ。“オールラウンド”という言葉が蔑まれていた時代でも、MFだけは人気があった。「シュートしていいけどはずしても怒られない」という、専業のFWとは異なる責任無きポジション(いやホントはあるんだけど)に自由を感じていたのだろう。FWをやった途端に「え!?バカなの!?」とまでは言われなかったが、専業に対してバカっぽいイメージを持っていたのも不思議だが確かだ(RPGの戦士とかね)。翼きゅんがゴールキーパーなら、やっぱりゴールキーバーの人気が出たと思うのである。マンガの人気は出なかっただろうけど。

世代論としては比較的説得力があると思うのだがいかがだろうか。「キャプテン翼がなかったらみんなサッカーやってない」というツッコミはさておき。

※冗談です
2006-06-15 

タチコマを作る#1 


アソビットシティのネットショップで注文した「1/24 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ」(WAVE/1890円)が届いたので小躍り。品薄で次の再生産(公式発表では7月)まで手に入らないのかと絶望していただけに嬉しい。というわけで、早速仮組みを終了。せっかくなのでブログごと作ってドーン。

というか、アソビットシティの店頭で有無を確認すると「無い」と言われるのはなぜだろう? ちなみに今現在も、店頭では無いと言われ、同社のネットショップでは問題なく買える。それなら店頭で「ネットショップにならありますがなにか?」ぐらい言ってくれても良さそうなもんだが、政治的な問題でもあるのか単なる連携不足なのか、今度テレコを隠し持って店員を問い詰めてみよう。

1/24 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ-箱そんなわけでタチコマは、士郎正宗原作のSF・TVアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(と、その第2弾「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」)に登場する思考戦車である。元々は"フチコマ"という名前だったらしいが、原作のゲーム化時にコナミがその名前の権利を獲得したらしい(「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」/プレイステーション)。原作にある固有名詞の権利を二次著作物が押さえるとは実に不可解だが、詳細を調べようとしても講談社やらなんやらが絡んだりしてよく分からない。ちなみに"フチコマ"とは、漢字で「斑駒」、名前の由来は日本書紀と古事記でスサノオの乗る馬「天乃斑駒(あめのふちこま)」である。と、Wikipediaに書いてあった。

1/24 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ-説明書右が説明書で、パーツ点数は50。楽勝だな。
キットのディテールは十分だが、完成例は色が暗くて無機質な光沢があるのでなんだか気に食わない。やはり「諸君~ん!」と手をクロスしながらピョンピョン跳ねているあの愛らしさを与えるためには、もう少し明るいブルー(スカイブルーぐらい)でアニメっぽく塗装する必要がありそうだ。金属部分もシルバーの光沢をできるだけ抑えよう。

しかしこうやって説明書をスキャンしてUpするのって、著作権的には限りなく暗黒に近い黒だと思うが、有益かつ無害だと思うがいかがか。常に公開されていればネットでカラーを買う時などにとても便利なのだが。

1/24 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ-作業とりあえず仮組みということで、ニッパーで大まかにパチパチしつつ各パーツを合わせていく。うーむ楽しい。
で、ハメてて(!?)思ったのだが、キットの作りは非常に雑だ。パーツとランナーの接合部がことごとく合わせ目になっているため、どうしても合わせ目がガタガタになる。まだ仮組みだから接着はしないが、どうやって組み立てるか迷うところである。パテを使うと手間も時間もかかるし、接着剤多めで合わせ目をドロドロに溶かしてヤスリで頑張ればいいのだろうか。乾燥したときにめちゃくちゃヒケそうだけど、今後のためのテストと考えてしこしこやろう。

1/24 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ-仮組みというわけで仮組み終了。
先ほどの問題のほか、合わせ目がそのままモールドになるような場所がめちゃくちゃ多いのだが、これはどうしたものか。スジ彫りがギザギザになったりあーなったりこーなったり正直このケースはうまく処理できたためしがない。普通に合わせ目を消して、あとでスジ彫りするのか。どうなのか。

«前のページ  | HOME |  次のページ»

ブログ内検索

現在使用中のキーボード
(2013/11/03時点)

プロフィール

Gueed

書いている人:Gueed
京都府生まれの執筆業者(3234歳/男/東京都世田谷区在住一時的に京都府在住)。ライティングやらWebのお仕事やらをしています。

RSS

RSS

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。